2015年5月25日 (月)

今日も 凄く楽しみ

今日も Oさんと仲間の集まりがあり、 素晴らしく 又楽しい一日を創ろう。

今日の集まりには、先日 東京で開催された 素晴らしい「アロエベラフォーラム」

( 薬学博士や 医師の方々と 会社との デスカッション) を 聴講して来た講演会を

メーンに 話をしようと思う。楽しみだ~。

2015年5月21日 (木)

明日の集まりは

明日は 恒例のTさんグループの集まりが

あり 以下の事について 話そうと思う。。

1. 携わっている会社の良さ

2. 商品の良さ

3. システムの良さ

4. 3つの健康について

5. 「三方よし」について

明日が 楽しみです。


2015年5月19日 (火)

同窓会に出席して

久しぶりに 年2回(5月と11月)行われる高校の同窓会に

出席し、 楽しく 意義深い3時間を 過ごさせて頂きました。

歳を重ねる度々に 参加者の方々と御互いに 想いが募り

高校時代の 部活風景や通学風景がまざまざと甦ってくる。

しかし 最後には 「健康の大切さ」が 皆さんの結論となり

次回 11月には さらなる健康での再会を誓い 解散となる。

2014年3月28日 (金)

アロエベラ

アロエベラは アメリカのテキサス州や中南米で盛ん栽培され、大きな葉が特徴です。


 一枚の葉は 長さ80センチ、幅10センチ、厚さ3センチもあり、重さは、一枚1.5キロあります。


そしてアロエベラは根元から何枚も葉が出るのが特徴であり、茎が見えません。
すみません

アロエはアラビア語の苦味を意味し、アロエベラは、ラテン語の『本当』を意味する言葉です。


数あるアロエの中で、とりわけアロエベラは、葉肉中の粘液量が多区、そして、治癒力に優れ、かつ効力が 

広範囲に期待されていて、薬用や化粧品に重要視されている点が最も素晴らしいことです。


アロエベラの効能は、世界的に廣く知られていて、アロエと言えばアロエベラと言われるほど人気があります。


特にアメリカでは、代替医療のエースとして大変なブームになっています。


アメリカ テキサス大学のユー教授やアメリカ国立ガン研究所などで研究が進み、副作用がなく、


ガンを始めとする、生活習慣病に効能のあることが明らかになっています。


著書『生活習慣病に克つアロエベラ』(著者名医学博士甲田光雄氏)から抜粋しました。


尚 日本でも日本成人病予防協会が フォーエバ-リビングプロダクッのアロエベラジュ-スを推薦しています。

2014年3月20日 (木)

 桜の咲く季節

『光陰矢の如し』とは  

本当によく言ったものですね。

今日こそ、明日こそと言っている間に

もう3カ月が 過ぎ去ろうとしています。

たかがまだ1/4の消化です。

それも 1/4の実績が蓄積されている筈です。

自信を持って 一歩一歩積み重ねるのみです。

2014年3月 4日 (火)

おもてなし力

『「おもてなし」「おもてなし力」とは相手を思いやり相手を喜ばそうという気持ちなのす。

グループが一丸となった「おもてなし力」がなければ決して喜びを作り出すことはで来ません。

又どんな仕事をされていてもプライベートのコミュニケーションにおいても「おもてなし力」は常に求められています。

本当の「おもてなしの力」とは何か、それを知ればきっと人生そのものが一瞬で変わる。

そしておもてなしの力を持った二人が 触れ合えば 人の心は共鳴し さらに豊かになっていくでしょう。』

と述べています。

081_2

著書「おもてなし力が身につく57の習慣」著者林田正光氏より

2012年10月18日 (木)

真の幸福

Img_3433

『人間は天から授かった自己の受け持ち、

即ち その「分」を発揮することによって、

真の幸福が恵まれる』

〔哲学者・故森信三氏談 )

人は誰でも 個々に優れたところがあり、
それぞれの長所が活かされ 世の中
のお役に立つことが 大切なのですね。
その事が その人にとってのやり甲斐、
生き甲斐となり、夢に結びつき そして
本当の幸せに繋がって行くのではないでしょうか?
まさに今 私達が そしてグループの皆様が
取り組み チャレンジしているのは このことですね。

2012年6月15日 (金)

二輪の花

米子市と松江市の方々が 「3つの健康」の考え方、生き方に賛同頂きました。

今ちょうどアジサイの花盛り。

近い将来 この方々から この地域に健康という大輪の花を 色とりどりに咲かせて頂きます様に・・と祈リながら帰路に。

2012年5月 9日 (水)

喜びの種をまく

Nec_0713

『雨の日には 雨の日の

悲しみの日には 悲しみをとおさないと

見えてこない
 

喜びにであわせてもらおう
 

そして,喜びの種をまこう
 

喜びの花を咲かせよう
 

ご縁のあるところ いっぱいに……』

(生涯を小中学生の教育に捧げた東井義雄氏の詩から)

私共が携わっているこの仕事も まさに この詩の通りですね。

益々 勇気 ・ やる気 ・ 根気を頂きました。

感謝です。

2012年5月 7日 (月)

今日を大事に

Nec_0723

どうなるかわからない将来を心配するよりも、今日を大事に生きることのほうが、私にとっては大切なのです。

今日を懸命に生きれば、結果として、かなりの正確さで明日が見えてくると明言できます。

そして、将来どのように変化していくかを 推測できるようにもなってくるのです。

一日一日を懸命に生きれば、未来が開かれてくるのです。

正確に 将来を見通すということは、今日を精一杯生きることの延長線上にしかないのです。
(京セラ創業者・稲盛和夫氏の言葉より)
本当に おっしゃる通りですね。
今日を懸命に、正直に、誠実に、そして 感動と感謝で過ごします。

より以前の記事一覧