« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年9月17日 (土)

DHA・EPAは脳健食

『日本人の子供が欧米人の子供に比べて知能が高い理由の一つは、日本人が魚を多く食べてきたからだ』

1989年イギリスの脳栄養化科学者、マイケル・クロフォード教授が述べ、DHAが一気に脚光を浴びた。

妊娠後半の3分の1期から出生直後にかけて、胎児の脳脂肪量は急激に増加しなかでもDHAは出生直後に著しく増加します。

一生のうちに摂るDHAとEPAの約半分は、すでに胎児の時期に母親の脳から与えられているともいわれます。

レシチン(大豆・卵黄に多い)と共に、DHA・EPAは健脳食として有名です。

*アークティック・シーのご紹介

1カプセル当たり80mgDHA(ドコサヘキサエン酸)と120mgEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。

DHA
EPAは人の器官や組織に必要な栄養成分である必須脂肪酸の一種です。

食生活の変化によって不足しがちなDHAEPAをフォーエバーアークティックシーで補って、魚のもつ健康パワーで毎日若々しくお過ごしください。

なお、魚油の製造工程には魚に含まれる水銀等の有害物質を取り除く工程があります。

詳しく お知りになりたい方は 下記のコメント欄に お問い合わせ下さいませ。

2011年9月 1日 (木)

良運と良縁を勝ち取る

Img_2251_3

(写真) 早朝 鉄塔を取り巻く様に 飛ぶ鳥の群れ

『私は今年の秋で満90歳になるが、人生というものは「運」と「縁」の2つに尽きると最近になってつくづく思うようになった。

運と縁とは、表裏一体のものであると思う。

天から授かった運をいかに掴むか、それをどれだけ感謝していただくか。

そしてその運を生かすために、縁をどのように自らがつくっていくかが人生の決め手であると思う。

煎じ詰めれば所詮、人生は誰に会ったか、誰と会えたかで決まってしまうと言っても過言ではない。

人生を決定付けるという「良運」と「良縁」を勝ち取るためには何をすべきか。

人間に興味を持って 人間を好きになること。

人との出会いを 大切にする。

人に言われていない事でもやる。

あらゆることに 感謝の気持ちを持つ。

以上を実行する事により 天から運を授かり連鎖しながら 良運と 良縁を創り出す 。』

「サン モトヤマ」の会長・茂登山長市郎氏談~月刊誌より

本当にそうですね。

私達の仕事でも 成功されている多くの人達をみると以上のことを実践され 良運と良縁の輪を広げていらっしゃいますね。

今後の活動に 是非とも参考にしたいものですね。

« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »