« 貧乏は病気 | トップページ | 有意義な時間 »

2010年8月18日 (水)

一味違う高校野球

124

今年の夏の祭典「全国高校野球大会」の熱戦が今日も甲子園からつたえられています。

女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」に出会いドラッカーの教えをもとに野球部を甲子園に導く物語です。

ちょうどタイミングが良く楽しく読ませて頂きました。

先日の某新聞にもこの著書の記事が載っていました。

この著書の様に「マネジメント」を参考にして戦ってきたであろう高校もあると聞いています。

私もドラッカーの「マネジメント」を 随分昔読んだ記憶がありますが  再度読みかえしてみたくなりました。

« 貧乏は病気 | トップページ | 有意義な時間 »

コメント

今日(8/19)の朝日新聞朝刊に著書「もし高校野球のマネージャーが ドラッカーの・・・」著者/岩崎夏海氏が「失敗なくして 成長なし」の 高校野球論評が載っていました。

①試合に負けた高校の方が 学んでいる事が多い。

②情報の格差が無くなり [知識の時代から知恵の時代]変わっている。

③精神的に 優位に立つ戦法。

④選手達の心を 如何にマネイジメントできるか。

⑤環境を 最大限に活かすこと。

以上 著者の願望が集約され掲載されていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/36227698

この記事へのトラックバック一覧です: 一味違う高校野球:

« 貧乏は病気 | トップページ | 有意義な時間 »