« 全ての国民は個人として尊重される | トップページ | 貧乏は病気 »

2010年6月13日 (日)

人生三毛作

099_3 

『定年を過ぎて会う同僚、知人達は会うたびに元気をなくしていたり どんどん小さくなっていく様に感じる。

しかし自分は 年をとるほどに不思議なくらい内からみなぎる力を感じ体力は年相応に衰えてはいても

少し年下の世代などに負ける気がしない。

なによりも毎日 楽しく 明るく 前向きに生きているから 気力が充実しているのだと思う。

これは定年前から始めていた仕事を 定年後 本格的にやっているからだと思う。』

とこの著者は述べています。

FOREVERの仕事を始めて 17年目。

著者は 二毛作と言っていますが 私は三毛作目の仕事です。

いろいろな会合・集まり等に 今も頻繁に参加し まだまだ 夢・目標を持っているのです。

私は 幸せな人生を送る生き方に「人に喜んで頂くこと」を 掲げ 夢・目標の一つ掲げて実行しています。

« 全ての国民は個人として尊重される | トップページ | 貧乏は病気 »

コメント

先日 久しぶりに 故郷の同級会に出席しました。

皆さんは 病気の話・年金の話・老後の心配等 暗い話ばかり。

「家族のため、孫のためにも 楽しく・明るく・元気を出して 今年の秋には又健康でお会いしましょう」と 言ってお別れしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/35234546

この記事へのトラックバック一覧です: 人生三毛作:

« 全ての国民は個人として尊重される | トップページ | 貧乏は病気 »