« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月19日 (金)

一歩を越える勇気

先日 毎月の例会「潜在意識セミナー」で 

今回 若き登山家栗城史多氏の素晴らしい講演がありました。

歳北海道生まれ。

身長1m62・体重60キロ。

筋量共に成人男子の平均以下。

メートル峰を単独登頂に成功。

月には最高峰のエベレストに 単独無酸素登頂にチャレンジする。

命を懸けた孤独との戦いだが彼は 決して孤独ではないと述べています。

又栗城氏は 『頂上は 夢を達成するための場所ではない。

登る苦しみから解放され元の世界に帰るため。

だから 頂上が必要なのだ。

そして 自分に限界がないことを感じる。

夢なんて 叶わないとおもつている人も 多いかもしれない。

しかし 自分の直感を信じて 一歩踏み出して欲しい。

失敗や挫折など たくさんありますが 決してマイナスではない。

成功の反対は 失敗ではなく 何もしないことが 失敗なのです。

また人間は 人と人が つながるところでしか 生きていけないのです。

自分の頂点を どこにするのか,決めてください。

是非 勇気を持って 一歩踏み出して欲しい。』と 述べています。

著書「一歩を越える勇気」著者栗城史多氏より

一読の価値あり。

084_5

2010年2月 7日 (日)

健康で長生き出来るコツ

『免疫力は 20歳を100とすると40歳で半分に、 80歳で10分の1と、加齢とともに 急速に低下して行きます。

免疫力が低下すると 当然病気にかかりやすくなるのです。

心のあり方が、免疫力を左右させ 健康長寿に欠かせない要件です。

この免疫力が落ちるカーブを何かで補い 緩やかにする努力が、健康で長生き出来るコツです。』

・・と薬学博士・久郷晴彦氏は 多数出版されている健康に関する著書の中で 述べて居られます。

私達夫婦は 18年前 病気をし 東奔西走し医師の処方を受けるも 一向に改善せず 途方にくれていました。

そんな時 ある人から「食改善が 体質改善につながる」と お聞きし その後 真剣に食事療法を取り入れて来ました。

お陰さまで 免疫力が高まったこともあるのでしょう。

今では 夫婦・息子・娘夫婦・孫3人共々17年の間 病気も薬も一切厄介にならず 又風邪もひかず 全員元気で過ごしております。

今回 近々に 赤羽にて 久郷先生をお招きして 講演会を開催いたします。

興味のある方は コメント欄にご連絡下さいませ。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »