« 良い言葉と悪い言葉 | トップページ | 究極の目的は »

2009年9月23日 (水)

36・5度~37・1度

  • 067

体温が低いほとんどの原因は 「ストレス」から来ている。

ストレスが万病の基と言われる。

ストレスがホルモンバランスを崩している。

ストレスには身体的・精神的・環境的ストレスがあります。

又一方ストレスには2種類ある。

それは悪いストレスと 良いストレスがある。

悪いストレスは不愉快だと感じるネガティブな「ストレス」で

良いストレスはプレッシャーは あるけれど 同時にワクワクする様な思いを伴う「ユーストレス」です。

「ストレス」を「ユーストレス」に変えると 体温は上がり健康になる。

著書「体温を上げると健康になる」著者斉藤真嗣氏より

以上ストレスを取り除き 体温を上げる方法が 詳しく書かれています。

是非ご一読を!!

ストレスは誰もが持っている恒常性維持機能(ホメオスタシス)を低下させていると思います。

それを先ずは 向上させるためにも 食の大切(その中でも必須栄養素の大切さ)を大いに知り実践すべきです。

« 良い言葉と悪い言葉 | トップページ | 究極の目的は »

コメント

上記の著書で

『健康な人の平熱は 36.8度+-0.34度つまり36.5~37.1度の間が健康体の体温とのこと。

あなたの体温は この範囲に入っていますか』

と述べられています。

私共夫婦は勿論ですが 家族全員が36度以下の体温でしたが FLP社の健康補助食品を愛用してから 1年前後で家族全員の体温が 36・5度以上に保たれる様になりました。

そのお陰だと存じますが ここ16年間 病院も薬にも全くご厄介にならず過ごさせて頂いています。

これも 不足がちな必須栄養素が 十二分に含まれているFLP社の健康補助食品の摂取により 身体が徐々に 本来の働きを取り戻したのだと確信しました。

毎日の素晴らしいメールを携帯に送って下さり 有難う御座います。

私も FLP商品を摂りいれる様になって 確かに体温が一度ほど上りました。

そして 体調も以前と比べますと 風邪一つひかず 大きく改善されているのが はっきり判ります。

紹介くださいました写真の本を 今読 んでいる所です。

素晴らしい本を紹介下さいまして 有難う御座いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/31486752

この記事へのトラックバック一覧です: 36・5度~37・1度:

« 良い言葉と悪い言葉 | トップページ | 究極の目的は »