« 生きることと死ぬこと | トップページ | グループの影響 »

2009年6月11日 (木)

第二のサイフ

025 

5年間取材を続けた筆者が『なぜこんなに親切で誠実で立派な会社が 知名度が低いのか。

フリーで客観的な立場の私が多くの人へ伝えるお手伝いを しなければいけないと使命感を強く感じる。』と思われ出版されたの著書「思いやりリング」(著者藤本あきら氏)です。

プロローグ

思いやりのなくなった国・日本

ステップ1

人生の7つの宝物

ステップ2

7つの宝物を獲得する方法

ステップ3

7つの宝物を探す地図を教えます

ステップ4

あなたへの最高のバックアップ

エピローグ

10年後のあなたへ

又『これからの10年間 消費者にとって 大きな転換期。

誰もが第二のサイフと言われる「個の人ビジネス」が必要です。

そのためのクチコミの流通(消費者参加型流通)の模範となる企業です。』

・・・とまで述べていらっしゃいます。

関心のある方は(株)リンクまで

« 生きることと死ぬこと | トップページ | グループの影響 »

コメント

2017年八百万人の団塊世代のほとんどが 年金世代になります。

団塊の世代より かなり少ない若者達の現役世代が この年金を支払わなければならない時代になるのです。

現在でさえ ワーキングプアといわれ 生きていくのがやっとの現役世代が 年金を払い続けると思いますか?

完全に ここで日本はおかしくなる。

今からでも遅くないのです。

生き延びるために 第二のサイフを真剣に考えることです。
・・・と藤本氏は訴えています。

皆さんは如何お考えですか?

Vさん

メール有難う御座いました。

大変ご無沙汰いたしております。

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/30052367

この記事へのトラックバック一覧です: 第二のサイフ:

« 生きることと死ぬこと | トップページ | グループの影響 »