« 皆んな幸せになるために生まれてきたんだ。 | トップページ | ★健康の基本は毎日の食生活から★ »

2008年6月26日 (木)

生活習慣病は現代の間違った食生活が原因

  アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート

     かって 田中内閣を倒壊させたロッキード事件も 

アメリカ上院の調査が発端だった。

これは 同上院の調査能力の高さを示すほんの

1例である。

     同上院は どんな分野に関しても 世界最高の調

査機関である。

他の国の上院と違い、憲法上も大きな権威と権限

を認められた上院であることがその裏づけになっ

ている。

この権威と権限により、アメリカ上院栄養問題特

別委員会は アメリカ国内ばかりでなく、世界中の

権威や研究機関の頭脳を動員して、2年間にわ

たり食事と健康の関係を調べ、5000ページを超

える厖大なレポート(マクガバン報告)を1977年

(昭和52年)に発表した。

     “マクガバン報告”が 与えた衝撃はその後、日本

を含め世界の栄養・健康・医学に関する流れを

いまだに変え続けている。

1986年から アメリカ国立ガン研究所(NCI)が

始めた一大プロジェクトによるガンの栄養療法と

治療も、この線に沿ってのものに他ならない。

     わが国厚生省の「健康づくりのための食生活

指針」(昭和60年)も“マクガバン報告”の影響下

で策定された。

今世界各国の政府が、新しい健康政策を進めて

いるのも同様である。

08611613615_051

マクガバン報告の結論

① ガン・心臓病・脳卒中などアメリカの6大死因となっ

ている病気は、現代の間違った食生活が原因にな

って起こる『食源病』である。

この間違った食生活を改めることでしか、これらの

病気を予防する以外に 先進国民が健康になる

方法はない。

② 現代の医学は 薬や手術といったことだけに 偏り

過ぎた栄養に盲目な片目の医学であった。

栄養に盲目でない医学につくり変える必要がある。

以上医事評論家・今村光一氏『今の食生活では早死にする』より08611613615_020

« 皆んな幸せになるために生まれてきたんだ。 | トップページ | ★健康の基本は毎日の食生活から★ »

コメント

人が生きていくためには 栄養素+酸素が欠かせません。
一般的に栄養と言えば すぐにカロリーという概念しかありませんでしたし 従来の栄養管理はカロリー管理であり 微量栄養素といえば ビタミンA、B、Cや鉄、カルシュウムなどわずか11種類ぐらいが必要だとされていました。
私達が健康を守るためには どういう微量栄養素を食べ物として摂る必要があるのか という充分な情報が無いまま過ごしているのです。
食べ物が 健康の基本であるにも拘らず。
最新の生化学の研究では 人が生きていくために必要な栄養素は 最低46種類以上とまで言われています。
この必須栄養素は 体内で合成する事も 蓄積する事も出来ません。
毎日の食事から摂らなければならないものばかりです。
そして 重要な事は此の内の一つでも欠けると たちまち代謝異常が起こり 病気が現れてくるのです。
写真でお分りのように 46種類の栄養素が全てつながり 関連して働き 一つでも欠けるとそれに関連している栄養素は働かなくなるのです。
日頃の食事から 常に45種類以下の栄養素しか摂っていなければ病気になってしまうのです。
各栄養素は単体では働かず特定のビタミン剤ばかり摂っていても無意味です。
栄養の補完を考えるなら 46種類以上の栄養素が微量に含まれる補助食品を摂る事です。
自然の補助食品であれば副作用はありません。
以上は著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋いたしました。


その栄養分の不足を充分に補えるのがFLPの自然の健康補助食品です。
FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さい。


「良い食べ物が良い子供をつくる」

先日の日経新聞に「食事は学力の源」という書き出しでグラフが載っていた。
摂取食品数と学力(中学生の)が 正比例しているグラフです。
つまり 摂取する食品の数が少ない子供は 成績が悪くいろいろなものを食べている子供ほど 成績が良いという結果が出ているのです。
(広瀬正義氏の著書「学力をつける食事」より)
実は 簡単に自然界の中から多くの栄養素をとることが出来るのです。
FLPの補助食品(アロエベラジュース・プロポリス・ポーレン)は まさに自然界からとった46以上の必須栄養素が含まれているのです。
本当に 最近の子供事情を真剣に考える時期に来ているのではないでしょうか。
良い食べ物が 良い血液を造り 良い細胞を作る。
そして よい細胞が 良い身体を作り 健全な精神を作るのですから。
FLPへのお問い合わせやご意見,ご感想は 
コメント欄か「aloetyan@hotmail.co.jp」にご連絡下さいませ。
以上の記事は2008年5月17日 (土)の愛・ヘルシーニュースに掲載済みです。

ハッピーさまへ
いつも有難うございます。
広瀬正義著「学力をつける食事」を読みました。
いかにしっかりした食事を子供達がとらなければいけないかが、よく分かりました。
しかし、どんなに家でちゃんと食事を作っていても、その野菜に含まれている栄養素が、20年いえ30年前と比べると激変しているのは、いうまでもありません。
特に、ビタミン・ミネラルの減少は、身体に多くの弊害をもたらしますよね。
素晴らしい土地で育ったアロエベラ、FLPに出会えた事に、改めて感謝しています。
若いお母様に知って頂きたいですね。
有難うございます。
ベラより

ベラさまへ

こちらこそ いつも有難う御座います。

早速 本を読まれ行動に移される速さは さすがですね。

本当に FLPに関係する私達は 世界中から奇跡の植物と言われる素晴らしい野菜の
アロエベラジュースや蜂蜜製品(プロポリス・ポーレン)に出会えて本当に幸せ者ですよね。

先日は 義父(98歳)の葬儀に際しましては 御丁寧な弔電を戴き有難う御座いました。
義父は 周囲に見守られ眠るように息を引き取りました。
これだけ長生きし 天寿を全う出来ましたのも 私共がこの仕事に携わっているお陰です。

私共も 義父を見習い100歳以上死ぬまで健康で豊かに そして 世の中に貢献しつつ
自分の夢も 併せて成し遂げたいものですね。

この素晴らしい仕事を伝える事に 益々ファイトと使命感を強く感じる今日この頃です。

コメント本当に有難う御座いました。

ハッピーより


Kさん

お元気のご様子何よりです。

先日 夫婦共々 E:bullettrain][京都から9日ぶりに帰り aloetyan@hotmail.com
でメールを読ませて戴きました。

17~18年前 夫婦共々病気で 家族皆で自殺を考えていた頃の私共のことを思い出しました。

その頃 頑張っても頑張っても思うようにらず 医療費・家のローン・学資等が重なり 出費は増える一方で 心身共に疲れ切っていたのです。

その一年後 信頼する友達から勧められた健康補助食品で 夫婦共々健康を取り戻し その良さ(商品・会社の理念・システム)を 健康を戴いたお礼じゃないですが 病気(身体・心・経済)の方々にお伝えしている内に副業が 本業となっていったのです。

今はまだ一年の内 平均しますとairplane[海外の滞在期間は一ケ月足らずですが 7~8年早くFLPに出会っていたら 恐らくE:yacht]海外で半年間ゆっくりした生活を送っていると思いますよ。

もし興味をお持ちでしたら 先ずは 副業としてチャレンジされては如何ですか。
これからの人生に大いに役立つ事は確かです。

資料をお送り致しますし 又私のブログ「愛・ヘルシーニュース」(特に4/17・5/02・5/26・・・)をご覧頂き 御意見・御感想をお寄せ下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/21903152

この記事へのトラックバック一覧です: 生活習慣病は現代の間違った食生活が原因:

« 皆んな幸せになるために生まれてきたんだ。 | トップページ | ★健康の基本は毎日の食生活から★ »