« 虐待しない、させない人創り | トップページ | 決して裏切らない!! »

2007年11月20日 (火)

努力を努力と思わない

0711031112s1115_009   初めて自らの哲学を語っているイエローハットの鍵山秀三郎氏が「人としていかに生きるか、リーダーはどうあるべきか」の一部を紹介いたします。心を磨き高める内容です!

0711031112s1115_005・・・戦後の混乱期に創業、自転車での訪問販売から始めて、さまざまな苦労を積みながら、イエローハットを全国500店舗の大企業に育て上げた鍵山秀三郎氏。

掃除の実践を通じて、人、企業、社会をよくする運動にも取り組み、経営者をはじめ、多くのファンをつくりあげてきました。

「大きな努力で小さな成果を」「骨惜しみをすると心が荒む」等、琴線に触れる数々の名言とともに、人間として、経営者としての優れた哲学を、お持ちの方です。

0711031112s1115_013●● 内容の一部ご紹介 ●● 

若いころの私は、人に言葉で物事を伝えるのが苦手でした。そこで、どうしたら社員の心が穏やかになるのかと考えて、私の両親がやってきたように職場をきれいにすることが最もいい方法であると思い、施設を徹底して掃除しました。

それから社員が乗っている車も、朝きれいに洗っておく。

ところが荒れた心の社員は、「それがどうした」というふうです。

だから、なおのこと私は放っておけなかったですね。

きれいにしておいた車を汚くしておいていく。

また洗う。また汚くするという繰り返しで・・・・・・。

(中略)昨今は小さな努力で大きな成果を狙う人が多いのですが、私の場合は、大きな努力をして、得られる成果はたとえ小さくても、それで満足するわけではないですが、それを受け入れていくということですね。努力したことは残りますから。

PHPより転載(鍵山秀三郎氏の著書は書店に多数あり~御参考まで)

FLPの世界も全く一緒ですね。FLPで成功されている方々のほとんどは「大きな努力をして、得られる成果はたとえ小さくても」をモットーに 一つ一つ小さな成果を継続し 積み重ねて行かれた結果,多くの方々が3つの健康を獲得されたのではないでしょうか。

尚私達FLPの考えている「努力」とは FLPトップディストリビューターの酒井様や本から潜在意識を学び 活用しているので 努力を努力と思っていないし又「好きこそ物のじょうずなれ」として日頃活動しているためか,努力していると 本人自身も感じていない方々が多い様に思います。

大いに見習い そして実践したいものです。

« 虐待しない、させない人創り | トップページ | 決して裏切らない!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/9023163

この記事へのトラックバック一覧です: 努力を努力と思わない:

« 虐待しない、させない人創り | トップページ | 決して裏切らない!! »