« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

7つを実行すれば品格が上る!!

025  「女性の品格」の著者坂東真理子さんが内容を品格7ケ条にまとめて以下の通り話されています。

①礼状をこまめに書くこと。(有難うの言葉を伝える。) 

②値段で物を買わないこと。(衝動的に又刹那的にならず計画的に行動すること) 

③人のプライバシイーを詮索しないこと。(妬み・恨み・やっかみを持たないこと) 

④家族の愚痴を言わないこと。(悪口・ぼやき) 

⑤一人の時間を美しく過ごすこと。(一人でいても小奇麗で有意義に過ごすこと) 

⑥役員や役職を引き受けたら気持ちよく引き受けるか丁寧に断ること。(言動をさっぱりすること) 

028⑦夫の部下(職場・グループ)についてあれこれ言わないこと。

私共が携わっているFLPの世界でも 男女を問わず成功(夢・目標で)されている人は 上記の項目の多

くを 現に実行されている人が 多い様に思いますし少しでも見習いたいものです。

FLPへのお問い合わせやご意見,ご感想はコメント欄かこちらにご連絡下さいませ。

031 しばらくの間 ブ ログは休ませて頂きます。

2007年11月27日 (火)

決して裏切らない!!

071113011  先日東京国際マラソンで最高記録を出し優勝しました

野口みずきさんが『走った距離は決して裏切らない』と

発言されていました。

誰でも 「真剣に取り組んだ上での失敗経験は 決して

裏切らない」と言えるのではないでしょうか。

071113_012FLPへのお問い合わせやご意見,ご感想はコメント

こちらにご連絡下さいませ。

2007年11月20日 (火)

努力を努力と思わない

0711031112s1115_009   初めて自らの哲学を語っているイエローハットの鍵山秀三郎氏が「人としていかに生きるか、リーダーはどうあるべきか」の一部を紹介いたします。心を磨き高める内容です!

0711031112s1115_005・・・戦後の混乱期に創業、自転車での訪問販売から始めて、さまざまな苦労を積みながら、イエローハットを全国500店舗の大企業に育て上げた鍵山秀三郎氏。

掃除の実践を通じて、人、企業、社会をよくする運動にも取り組み、経営者をはじめ、多くのファンをつくりあげてきました。

「大きな努力で小さな成果を」「骨惜しみをすると心が荒む」等、琴線に触れる数々の名言とともに、人間として、経営者としての優れた哲学を、お持ちの方です。

0711031112s1115_013●● 内容の一部ご紹介 ●● 

若いころの私は、人に言葉で物事を伝えるのが苦手でした。そこで、どうしたら社員の心が穏やかになるのかと考えて、私の両親がやってきたように職場をきれいにすることが最もいい方法であると思い、施設を徹底して掃除しました。

それから社員が乗っている車も、朝きれいに洗っておく。

ところが荒れた心の社員は、「それがどうした」というふうです。

だから、なおのこと私は放っておけなかったですね。

きれいにしておいた車を汚くしておいていく。

また洗う。また汚くするという繰り返しで・・・・・・。

(中略)昨今は小さな努力で大きな成果を狙う人が多いのですが、私の場合は、大きな努力をして、得られる成果はたとえ小さくても、それで満足するわけではないですが、それを受け入れていくということですね。努力したことは残りますから。

PHPより転載(鍵山秀三郎氏の著書は書店に多数あり~御参考まで)

FLPの世界も全く一緒ですね。FLPで成功されている方々のほとんどは「大きな努力をして、得られる成果はたとえ小さくても」をモットーに 一つ一つ小さな成果を継続し 積み重ねて行かれた結果,多くの方々が3つの健康を獲得されたのではないでしょうか。

尚私達FLPの考えている「努力」とは FLPトップディストリビューターの酒井様や本から潜在意識を学び 活用しているので 努力を努力と思っていないし又「好きこそ物のじょうずなれ」として日頃活動しているためか,努力していると 本人自身も感じていない方々が多い様に思います。

大いに見習い そして実践したいものです。

2007年11月12日 (月)

虐待しない、させない人創り

071016034昨日児童福祉NPO法人の主催する『子供の村を

設立する会』の講演会が 東京池袋の生活産業プラザ

でありに参加して参りました。

この会は心に傷を負った子供たちの心の回復と大人

との信頼を回復することにより子供の健やかな成長

071016043を図る事を目指し具体的に活動している団体です。

現在虐待を受けている子供は10.000人当たり

7人と言われています。

又虐待を受けた子供の6割は2~8歳1年以上虐待

071016053を受けた子供は全体の43%虐待を受けた子供たち

の5人に1人はそれでも親と同居を希望している。

虐待者の60%が実母・24%実父そして虐待は連鎖

する場合が多い。

071016_037その様なことに対する対策として国・地方自治・社会的

擁護システムと人の育成等講演されました。

以上 講演をお聞きし戦後日本で最初に孤児院を創設し

大勢の浮浪児を救い「児童福祉の父]と言われた石井

十次氏の時代は 貧しいながらも食によって心の大部分

は満たされた様に思います。

しかし 現在においては大切な食を十分な栄養素がない

まま (栄養素が十分でない)の様に摂り,,心の栄養素

全く満たされていないという状態ではないでしょうか。

このことは 脳に十分な栄養素が運ばれず,脳が栄養不足

状態を引き起こし異常な働きを繰り返し,ひいては 心の

栄養素をも大きく損なわせている状態となり,現在 多くの

異常な社会状況を生み出している大きな要因の一つでは

ないでしょうか。

本物の健康(身体・健全な・経済)の基本は まさに

「食育」にあることを 再確認させて戴き 今私共がFLP

共に取り組んでおります仕事が 子供の将来虐待をしない

,させない人    創り」につながることを確信した貴重な一日

でした。

御紹介戴きましたO様に 深く感謝申し上げます。

FLPへのお問い合わせやご意見,ご感想はコメント

欄か

こちらにご連絡下さいませ。

写真~京都御所の続き

071016023

2007年11月 8日 (木)

素晴らしい日々

071016031_2例月の如く 関西に仕事と遊びを兼ねて行って

参りました。

しばらく ブログを休ませて頂き 大変失礼

071016035致しました。

その間 ラッキーなことに めったに見学できない

御所の開放期間(春・秋の2回)と重なり ゆっくり

071016036観光して参りました。

絢爛豪華な文化財の数々に接し 心が洗われた

素晴らしい一日となりました。

            

FLPの仕事に感謝です。

(写真) 御所の各所

FLPへのお問い合わせやご意見,ご感想は

コメント欄かこちらにご連絡下さいませ。   

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »