« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

健康に万歳 そして感謝

07427_007_2春の息吹真っ最中 散歩&ドライブで ご近所の仲間に今月も

健康感□■ヘルシーニュース■□版に託しお届けに行

って来ました。

今日も皆様の笑顔が一段と素敵でし07429_003_1た。

健康であることで『自然の美しさ』を実感し もの皆全てが一段と輝

いて見えました。

健康に感謝!! 健康に万歳!!

(写真)ご近所で大変美味しい洋菓子店・運動公園・中央公園

07427_017_2

2007年4月27日 (金)

心より幸せに感じた一日

07411_018  しばらく京都に行って来ましたというより 京都が故郷ですから京都に帰っていましたというべきかもしれません。

一カ月ぶりに大勢の仲間にお会いし其の内のお一人の方から またまた良いお話をお聞きしましたので お知らせいたします。

その方は1年ほど前までお医者様から「頭位性めまい」と診断され,長年苦しんでおられました。

そして その方と久しぶりにお会いし ゆっくりとお話する機会がありました。

その方は

FLP商品に出会い会社とお友達から説明を聞き本物の商品だと確信しました。そしてFLP商品で食改善が出来,体の改善に少しでも役立てればとの想いでFLP商品の愛用を続ける内にいつの間にかその後全く症状が出ていないのに気づきました。

今では 以前にも増して 元気に暮らしております。

本当に感謝です。この幸せを 多くの人と分かち合いたいと考え 現在お伝えしているところです。

07411_021と 一年前よりもすごく若返られた姿で, 又素晴らしい笑顔で お話されていました。

このお話をお聞きし私ごとの様に嬉しく, 又心より幸せに感じた一日でした。

Kさん本当に有難う御座いました。

2007年4月25日 (水)

クレオパトラも花粉を使いあの美しさを保ったと言われている自然の食物として驚異的な食品です。

0741107414_007_3  No5・第4章・パーフェクト フード(完全食品)といわれる花粉とは

花粉は莫大な量のたんぱく質やミネラル,ビタミン類と自然の抗生物質,稀有元素群が含まれている驚異的な栄養食品なのです。

① 花粉は健康維持に役立つ

② 花粉は病気に対し驚異的な効果をもたらす。

③ 花粉は人体の新陳代謝を強力に促進させる

以上私達の健康にとって花粉は絶対欠かす事の出来ない必須栄養素が豊富にバランスよく含まれており奇跡の食物とも言われています。

長い人類の食べ物の歴史の中で花粉はコーランや聖書の中や又漢方薬の処方の中にもあり,クレオパトラも花粉を使いあの美しさを保ったと言われている自然の食物として驚異的な食品です。

著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋致しました。

0741107414_040以上栄養分の不足を充分に補えるのがFLP健康補助食品です。

FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さい

(写真)ご近所の庭&神社

2007年4月17日 (火)

日頃の食事から 常に45種類以下の栄養素しか摂っていなければ病気になってしまうのです

042_6  No4・第3章・細胞に絶対に必要な46の栄養素

人が生きていくためには 栄養素+酸素が欠かせません。

一般的に栄養と言えば すぐにカロリーという概念しかありませんでしたし 従来の栄養管理はカロリー管理であり 微量栄養素といえば ビタミンABCや鉄、カルシュウムなどわずか11種類ぐらいが必要だとされていました。

私達が健康を守るためには どういう微量栄養素を食べ物として摂る必要があるのか という充分な情報が無いまま過ごしているのです。

食べ物が 健康の基本であるにも拘らず。

最新の生化学の研究では 人が生きていくために必要な栄養素は 最低46種類以上とまで言われています。

062_6この必須栄養素は 体内で合成する事も 蓄積する事も出来ません。

毎日の食事から摂らなければならないものばかりです。

そして 重要な事は此の内の一つでも欠けると たちまち代謝異常が起こり 病気が現れてくるのです。

写真でお分りのように 46種類の栄養素が全てつながり 関連して働き 一つでも欠けるとそれに関連している栄養素は働かなくなるのです。

日頃の食事から 常に45種類以下の栄養素しか摂っていなければ病気になってしまうのです。

各栄養素は単体では働かず特定のビタミン剤ばかり摂っていても無意味です。

栄養の補完を考えるなら 46種類以上の栄養素が微量に含まれる補助食品を摂る事です。

自然の補助食品であれば副作用はありません。

以上は著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋いたしました。

その栄養分の不足を充分に補えるのがFLPの自然の健康補助食品です。

FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さい

次回は「パーフェクトフードといわれる花粉とは」について

 しばらくブログを休ませて頂きます。

(写真)46種の必須栄養素とその働き

042_5No4・第3章・細胞に絶対に必要な46の栄養素

人が生きていくためには 栄養素+酸素が欠かせません。

一般的に栄養と言えば すぐにカロリーという概念しかありませんでしたし 従来の栄養管理はカロリー管理であり 微量栄養素といえば ビタミンABCや鉄、カルシュウムなどわずか11種類ぐらいが必要だとされていました。

私達が健康を守るためには どういう微量栄養素を食べ物として摂る必要があるのか という充分な情報が無いまま過ごしているのです。

食べ物が 健康の基本であるにも拘らず。

最新の生化学の研究では 人が生きていくために必要な栄養素は 最低46種類以上とまで言われています。

この必須栄養素は 体内で合成する事も 蓄積する事も出来ません。

毎日の食事から摂らなければならないものばかりです。

そして 重要な事は此の内の一つでも欠けると たちまち代謝異常が起こり 病気が現れてくるのです。

写真でお分りのように 46種類の栄養素が全てつながり 関連して働き 一つでも欠けるとそれに関連している栄養素は働かなくなるのです。

日頃の食事から 常に45種類以下の栄養素しか摂っていなければ病気になってしまうのです。

各栄養素は単体では働かず特定のビタミン剤ばかり摂っていても無意味です。

栄養の補完を考えるなら 46種類以上の栄養素が微量に含まれる補助食品を摂る事です。

自然の補助食品であれば副作用はありません。

以上は著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋いたしました。

062_5

その栄養分の不足を充分に補えるのがFLPの自然の健康補助食品です。

FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さい

次回は「パーフェクトフードといわれる花粉とは」について

 しばらくブログを休ませて頂きます。

(写真)46種の必須栄養素とその働き 

2007年4月14日 (土)

一学級に喘息2.3人・アトピー2.2人

No

07408_001_1

 第2章・現在の食事は栄養失調をつくっている。

以下 4月12日のブログで述べましたが アメリカ上院特別委員会発表のマクガバンレポートを箇条書きにしました。ご参考にして下さい。

① 現在の食事は不自然で全くひどい。此の食事が生活習慣病をを生んでい         る。

② ビタミン,ミネラルの不足が特にカルシュウム,,ビタミンA,B1,B,C,Eの不足がひどい。

  これは典型的な若死にのデーターである。これらの栄養素の不足は調査対象者の生活水準(収入)と全く無関係である。

③ 現代の医者は栄養素の知識を重んじていない。このため間違った食事を与えられたり 病気が良くならなかったり,治りが遅れるケースが少なくない。

④ 現代病は現代医学では治しきれない。

 ⑤ 現代病は薬や手術などでは完治しない。この病気に最も必要なものは正しい栄養の知識である。

⑥ 細胞が 正常な栄養バランスを摂る事が 出来れば多くの現代病を防ぐ事が出来る。つまり細胞に 如何に必要な栄養を与えるかが これからの新しい医学である。

⑦ 栄養の与え方によって 完治されないと思われていた糖尿病さえ良くなる。糖尿病は 亜鉛,クロームなどミネラル類の欠乏が 大きく影響しているからである。

⑧ 亜鉛が 不足すると 味覚が狂い始め,砂糖,化学調味料が美味と感じるようになり,その結果低血糖症という深刻なカルシュウム不足になっている。

⑨ 医者が 重視していない病気,低血糖症は 心と体に異常を起こし,暴力行為や 自閉症,精神異常を起こす。

07410_011_1 ⑩ 食品添加物は 新しい種類のアレルギー患者を作り出している。その害は 先ず子供にあらわれる。~現に先日の読売新聞(4/12)に関連記事掲載され一学級に喘息2.3人アトピー2.2人(実情はもっと深刻だと思います。)

⑪ 必須栄養素は バランスが最も大切で 特定の栄養が多くなり過ぎる事も 不足する事も全ての必須栄養素の働きを 大きく犯す事になる。各種多様に渡り微量に栄養素を摂る事が大切。

⑫ 栄養酸素→良い血液→良い細胞→良い体質をつくる。

以上は著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋いたしました。

 07410_002 この5,000ページにも及ぶマクガバンレポートは1977年アメリカで発表され世界に衝撃を与えました。その後日本でもこれに基づき当時の厚生省は食事の改善として「一日に30品目食べましょう」と提唱し,訴えて来ました。

しかし 30品目を毎日摂るというのは 大変な事ですし その中には 力の無い野菜や 添加物が多く入った加工食品等 体に害のあるものも多く,その後 大きな成果が得られていないのが現状です。実際一日に30品目食べている方が 日本中に何人いらっしゃるでしょうか。

皆無に近いと思います。

それなのに「現在は 一日30品目では 十分な栄養は摂れない とまで 栄養問題に関係している多くの専門家が 公言しているのです。

その栄養分の不足を補うのがFLP商品です。

FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さいませ

次回は「細胞に絶対必要な46の栄養素」について

(写真)孫が通っていた校庭の桜・ご近所の庭・他

07410_006_1

2007年4月12日 (木)

健康な体→良い食べ物→良い血液→良い細胞

07408_003   No

第1章・現代病とは

私達は 日頃健康についてさほど関心を持っていません。

しかし どこかが痛くなったり,自分で病気だと判断して病院に行き そこで初めて「健康」について見直す様になります。

健康な時は 他人事の様に思っているのです。

ところが 現在私達が気づかない内に現代病(ガン・高血圧・糖尿病・脳卒中等生活習慣病)等他慢性病は 急激に増加の一途なのです。

しかし 此の現代病は クスリでは治りません。

07410_004糖尿病は不治の病、ガン患者は死刑の宣告をうけたのと同様なショック状態です。

細菌が原因で起こる病気には 現代医学(化学治療・外科手術)は長促の進歩を遂げました。

しかし 一方の現代病(新陳代謝が主な原因の)に対しては 驚くほど現代医学は遅々として進歩していないのです。

この問題にアメリカは 重大な関心を持ち上院で特別委員会を編成し 徹底的な調査の結果(マクガバンレ07410_007ポートにて)「現代病は栄養素の欠乏による」という基本的な事でした。

私達が 健康であるということは 私達の細胞の一つ一つが健康で正常に代謝活動をしている事でこの細胞一つ一つの健康状態が その人の健康を左右するのです。

細胞が健康であるためには 栄養素,酸素,水とのバランスが大切でその重大な役目をしているのが血液です。

健康になるのも 不健康になるのも 此の血液の元になる食物の質にかかっているのです。

以上(著書)「現代病を克服する新しい栄養素療法」細胞矯正医学.(発行所)丹羽生化学研究所より抜粋

その血液の質を向上させるのに必要なのが 必須栄養素(特にビタミン・ミネラル・アミノ酸)ですが これが 今の食生活では 十分に摂れていないため これだけ医学が進歩しているにも拘らず病人が 増え続けているのが現状です。その必須栄養素を補ってくれるのがFLP健康補助食品

です。

FLP商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さいませ

次回は「現在に多い栄養失調」についてご報告させて戴きます。

(写真)ご近所で大変美味しいハンバーグのお店(フランドル)と付近の景色

2007年4月10日 (火)

多くの不健康な原因はストレスと食べ物,つまり栄養の欠陥からくる,細胞の新陳代謝異常なのです。

07401_002  健康を最終的な目的として生きている人はいない。

しかし健康が無ければ,その人が思う目的を達成する事は出来ない。

現在の日本では,肉体的,精神的に不健康な人は,100パーセントに近い。

この多くの不健康な原因はストレスと食べ物,つまり栄養の欠陥からくる,細胞の新陳代謝異常なのです。

正しい栄養素の知識を学び,健康的な美しさを手に入れてください。

健康と美しさは自分の知識で得るものです。

以上は著書 現代病を克服する新しい栄養療法(細胞矯正医学)発行所丹羽生化学研究所より抜粋いたしました。

07328_001私の妻は「病気は自分で治す」さらに進んで「病気にならない生活をする」という考え方,いわゆる常日頃ストレスを出来る限り少なくする事とバランスの摂れた食生活をするために,それを補うFLP健康補助食品と 徹底的に 代替医療に賭けて15年間 今の所お陰様で風邪一つひかず ガンにかかる前より元気になり 病気にならない身体創り」が出来ていると存じます。

(写真)近所の散歩コースより

2007年4月 7日 (土)

全国から1万名弱の人達が集まり埼玉アリーナで盛大に開催されました。

0740405_034   年に一度の祭典「アワードフエスタ2007」が 全国から1万名弱の人達が集まり埼玉アリーナで盛大に開催されました。

前日はお台場のホテル グランパシフィック メリディアンでスペシャルセッションとPCMディナーが 900名を超える人数で6時間余りに渡り盛大に挙行されました。

0740405_044

デナーでは弾き語りあり,来年の1月の2000名招待キャンペーンに因んでハワイアンバンドと踊りもあり,多彩に渡り挙行され,心から楽しめた夕べを過ごさせて頂きました。

私共夫婦はこの様な世界を一人でも多くの方々に知って頂こうと 決意を新たにした2日間となりました。

0740405_041FLPに万歳,そして有難う。

商品の問い合わせやご意見,ご感想はaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さいませ。

2007年4月 2日 (月)

運命の出会い

□■ヘルシーニュース■□

“素晴らしい外科医”の講演と著書から一部を抜粋しご紹介いたします。No

「食品で足りない栄養を 人工的な物で補おうとすると どっかでバランスを崩します。

人工的な栄養補助食品を 単体で多量に摂取すると 人間の身体の中ではうまく機能せず 弊害が出ているものもある。

ですから 天然・自然の物(加工が極力されてない物,,歴史のある物(昔から言い伝えられている物)そして基本的なビタミン,ミネラル,アミノ酸を微量で 多種に渡り 含んでいる物となれば 世界広しと言えども限られて来る訳です。

その理想的なものは FLPのアロエベラ,ビーポーレン,ビープロポリス,プロティンです。

そこで 私自身も その製品を試し 右膝の痛みが無くなりました。

同僚の女医さんが 高齢出産で2時間の安産,お母さんの肌がつやつやしてきた,ダイエットでも減量された方等 現に製品を試され 好結果が続々と出てきているのです。」

最後に 健康に生きる10カ条を掲げます。

①意識を変える

②ストレスを減らす

③自己治癒力を高める

④加工の少ない自然の食品を食べる

⑤毎日たっぷり水を飲む

⑥消化システム、特に腸内細菌を意識する

⑦天然素材のサブリメントは最高の健康保険

⑧代替医療への偏見を捨てる

⑨処方薬や市販薬にかわる天然の薬を探す

⑩運動を習慣にする

以上講演・書籍の一部を抜粋をさせて戴きました。

FLPの商品の問い合わせはaloetyan@hotmail.co.jpまでご連絡下さいませ。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »