« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

あなたの生き方,死に方?

0542323_2 今健康になるのに一番問題に

なっているのは ダイエット

(正しい食事療法という意味)

です。

「素晴らしい外科医」の講演会

が宇都宮市

で開催されまし

た。その一部を講演と著書からご紹介いたします。No

□■ヘルシーニュース■□

理想的なダイエットとは

①意識を変える。

 病気は自分で治す,病気にならない身体を 自分でつくる

 ,美しく動ける身体を自分でつくるという意識です。

 病院も,医師も,家族でさえも,あなたの生き方,死に方に責

任を持ってくれません。

今のあなたの身体は 今まであなたが どんな生活をして

きたかの結果なのです。

意識を変えると→身体が変わる→意識が変わる→人間関

係すら変わる。

②軸になる栄養をしっかり確保する。

 ビタミン,ミネラルの確保に野菜を食べる事は重要ですが

 今の野菜には 促成栽培,大量生産,化学肥料,化学物質等の

使用で 栄養素が大幅に減少している。此の必須栄養素を

十分に 補ってくれるが アロエベラ,ビーポーレン,プロテ

ーン,更に プロポリスを取り入れることで 身体本来の治

癒力を引き出すことが出来ます。

③エネルギーの出入りをマイナスにする。

 エネルギーの出入りがプラスの場合→脂肪が増えて太る。

 油類を摂ったから,甘いものを食べたから太るのではない。

 エネルギーの出入りがマイナスの場合→脂肪が減る。

 エネルギーを消耗させるには→運動や頭を使うこと。

④「出す、出し切る」一度腸内を空っぽにする。

 断食とは基本的な栄養素を確保しながらするのが良い。

食べない事ではなく出す事が重要なのです。

⑤腸内細菌の環境を改善する。

 腸内が空っぽになったら→善玉の腸内細菌を増やすこと。

 その一番の方法はアロエベラ+プロバイオテックを一諸

に取り入れることが最良の方法です。

⑥健康な身体の気持ちよさを感じ継続する。

カロリー制限だけをして体重を落とすと

→身体は常にもっとカロリーが欲しいという飢餓状態

 →エネルギーの消費モードが 極端な省エネモードになり

 エネルギー,脂肪を蓄えようとして太る。

 対処法~身体を動かし,運動をし,代謝を上げながら 腸内

の環境を 常に良い状態に保つと 太らない身体になる。

・・・続く

以上ご講演,書籍の内容ですが 詳しい商品のお問合わせ,

ご意見等御座いましたらコメント欄か下記にご連絡下さ

いませ。  aloetyan@hotmail.co.jp

2007年3月29日 (木)

専門医は知っている

116  「素晴らしい外科医」の講演

が宇都宮市

で開催されました。

その一部を講演と著書からご

紹介いたします。No

□■ヘルシーニュース■□

『現状では放射線の専門家であっても化学療法の専門家

であっても進行ガンをなかなか治療しきれません。

そして抗がん剤の専門家ですら抗がん剤の限界と危険性

を又放射線の専門家でも放射線治療の限界を知っている

のです。

つまりベストの治療が患者さんになされていないのです。

専門家のその人達が自分がガンになった時 結局行き着く

先は食養生を中心とした代替療法なのです。

代替療法で有名なのはアメリカのゲルソン療法,日本では

西式健康法(現在の後継者甲田先生)です。

本当に健康になりたかったら 医療制度だけに頼っていて

は無理です。

「病気は 病院で医師に治してもらう」という意識を変えて

「病気は自分で治す」さらに進んで「病気にならない生活を

する」というふうに変わっていかなければならないのです。

そのためには・・・』続く。

私の妻は「病気は自分で治す」さらに進んで「病気になら

ない生活をする」という考え方に基づき 徹底的に 代替

医療に賭けて15年間 お陰様で風邪一つひかず ガンに

かかる前より元気になり 病気にならない身体創り」

が出来,あちこちと飛び回り 自分の生き方,考え方をお伝え

している昨今です。

(写真)京都御所の左近桜

2007年3月26日 (月)

代替医療に賭けて現在に至って

017_  “素晴らしい外科医”の講演が

宇都宮市

で 開催されました。

その一部を 講演と著書からご

紹介いたします。No

□■ヘルシーニュース■□

ガン治療のまやかしについて

抗癌剤はガンに効く薬ではなく

「細胞分裂抑制剤」です。

ですから ガン細胞だけに特異的に効くわけではなく全て

の細胞分裂を抑制するものですから 髪の毛の細胞も分裂

を抑制(副作用として毛が抜けたり)する。

又胃や腸の粘膜も抑制(吐き気がする)するし,血液を造って

いる造血細胞も抑制(白血球が減る)している訳です。

ガンに効く薬じゃない。細胞分裂を全部抑えてしまう。

がん細胞の細胞分裂が 他の正常細胞より 盛んだからガン

細胞に効いている様に見えるだけです。

だから がん細胞を抑えようと思ったら 自分の盛んな細胞

分裂を全部抑えてしまうわけです。

著書「外科医が語る,アロエベラとの出会い」

著者ドクターヒロ氏~から抜粋しました。

私の妻も 15年前胃ガンの手術後 抗癌剤の副作用で 髪の

毛が抜け落ち しばらくの間 嘔吐がとまりませんでした。

そこで病院と薬から決別し 代替医療に賭けて現在に至って

いる訳です。続く

2007年3月24日 (土)

先生に任せます。□■ヘルシーニュース■□

028_1 “素晴らしい外科医”の講演が

宇都宮市

で 開催されました。

その一部を 著書からご紹介いた

します。No1

「現在 西洋医学中心の日本の

医療も 曲がり角に立っています。

高度に専門化した医療は どんな難病でも 救ってくれる

かの様な錯覚をさせます。

本当に 病院で治せる病気は ごく限られています。

ガンは勿論 高血圧,糖尿病などの 生活習慣病も 満足に

治療出来ないのが 現状です。

西洋医学の主流である薬剤の使用は 避ける事の出来ない

副作用から 更なる病気を生み出します。

かくして 薬による副作用を更なる薬で押さえ込むという

悪循環に陥り 医師から処方される薬は 増える一方です。

こんなまやかしに 多くの患者も 当の医師さえも 疑問を

持たないのが現状です。

ほとんどの方々が 病気になれば病院に行くもの、病気は

医師が治してくれるものと思っています。

しかし 私は 「先生お任せします。」という姿勢は 危険だ

と思っています。

病気は 自分で治す。

いや それ以前に 病気にならない生活をするという 姿勢

こそ 大事だと思います。

幸せになるには 自分が死んでから支払われる保険にお金

を掛けるより 病気の予防,現在の健康維持に お金を使う

べきです。

その補助を強力にしてくれるのが 自然と歴史と実績のあ

FLPのアロエベラジュース・ビープロポリス・ビーポ

ーレンは理想的な健康補助食品です。」

とまで言っておられるのです。 

著書「外科医が語る,アロエベラとの出会い」

著者ドクターヒロ氏~から抜粋しました。

(写真)副作用のない薬はない~より

2007年3月21日 (水)

団子三兄弟

■□■ヘルシーニュース■□■

051105031

生まれて6ケ月の孫が 半月振りに

娘と一緒に 我が家を 訪れました。

先日 定期健診で お医者さんから

「何かにつけて 他の幼児と比べ約

3ケ月ほど早い成長ですね」と言われたそうです。

私共夫婦が 大病(私が狭心症・高血圧、妻が胃がん・高

血圧)をしFLPの健康補助食品のアロエベラジュース・

ビープロポリス・ビーポーレンを14年前に摂り入れま

した。

娘夫婦も13年前から同様に取り入れ12歳の孫を筆頭

10,今回の6ケ月の孫と 団子3兄弟ならぬ アロエ

3兄弟です。

私共同様に愛用しておりますので お陰様で 生まれてか

ら病気一つせず 又娘夫婦も 私共同様に12年間病気知

らずで健康に過ごしております。

これもしっかりと必須栄養素を始めバランスよい食生活

をし,ストレスを持たず,適度な運動,十分な睡眠を摂る事

の必要性をFLP社や医学博士・薬学博士により 勉強さ

せて戴いたお陰と心より感謝致しております。

これも 24年前に 日本にお伝え戴いたG H・山形様に

又私共にお伝え下さったH様に深く感謝している所です。

(写真)乱舞するユリカモメ~鴨川の畔にて

2007年3月17日 (土)

雨のち雨

        ■□■ヘルシーニュース■□■3つの健康

051105_036今大企業で40~50歳代前半の世代

 定年まで 会社に残れないという

状況が発生している。

最近では 松下電器産業・ソニー・資生堂・三越 等

大企業が 早期退職制度を 実施に移しました。

中高年世代にとっての将来予測は 天気予報に例えると

「雨のち雨」と言っていいようです。

老後の資金として

① 今の内に個人年金の積み立てをする。

② 退職金の運用を金融機関にまかせる。

③ 60歳以上でも収入を得られる技術を習得する。

上記いずれも大きな期待は出来ない。

又理想的な老後の準備は

経済 + 健康 + 仲間

しかし 現実にこれら全てを手に入れられるのか?

答えはNOである。

以上の事を考え 改めて 退職金・年金をベースにした

生活設計に加えて

①「話し合える仲間」

②「健康な身体」

③「安定したプラスアルフアの収入」

の3つが 厳しい高齢化社会を乗り超える 大きな武器に

なる。

だから 今の仕事を そのまま定年まで続けながら この

3つの全てを 定年後も継続して得られる可能性のある

唯一の仕事 それは**FLPネットワークビジネス**

が最適なのです。著書「男と女の最後の仕事」から抜粋。

写真)いつもの散歩道~京都五条大橋から鴨川を観る

2007年3月16日 (金)

「年金糞食らえの人生を」「終身現役」

                   ■□■ヘルシーニュース■□■3つの健康

07213005

団塊世代の話題が今盛んに論じられて

いますが 中高年(45~65歳くらい)と

高齢者(65歳以上)に共通する老後の

生活不安は 男女共通の問題です。

若い世代は まだ老後の準備にはたっぷり時間があります

 中高年以上の世代には 準備の時間は 短くそれ以前に

すでに 現役を離れて 老後の生活に入っている人たちも

少なくありません。

サラリーマン時代(23~59歳)の 労働時間の合計よりも

定年退職後(6079歳)の自由時間の合計の方が 多い

のが現実です。(電通調べ)

だから そういう人達にとって 第一に経済と精神の自立と

安定が望まれます。

経済面では [老後の収入][第二の年金] 精神面では 前者と

表裏一体に[目標と夢][生き甲斐]といったキーワードが浮か

んでくるでしょう。著書「男と女の最後の仕事」を参照

物心ともに 豊かな老後の暮らしを実現し 明るい人生を過

ごするための一つの選択肢として今注目を集めているのが

FLP独自の消費者参加型流通形態です。

現在 FLPの商品で 大勢の方々が 3つの健康 (身体・心・

経済) 獲得されておられます。

私共も 一人でも多くの方々にと「年金糞食らえの人生を」

それに加えて「終身現役」を合言葉に伝え続けています。

詳しくは昨年の10月前後の■□■ヘルシーニュース■□■

ご覧下さい。

(写真)先日行きました京都駅正面の一コマです。

2007年3月14日 (水)

心の健康

               ■□■ヘルシーニュース■□■

073813_001_1松下幸之助ちょっといい話】━━━━

<<光秀になるなよ、秀吉を見習え>>

ある社員が、二人の上司のうち、信頼し

慕っていたほうの上司に転勤命令が出た

ことに抗議するため、同志と図って辞職

願いを出した。

 

大決心ではあったが、本心では辞めたくはなく、結局

(松下)幸之助に詫びを入れて、なんとか収まった。
 幸之助のもとに一同が集められたとき、「たいへんご

心配をかけました」と頭を下げる社員に幸之助は、間髪

を入れずこう応じた。「何を言うか。きみたちはこれか

らも心配をかけるだろう」このひと言で一同は安堵の胸

をなで降ろした。
 

後日、幸之助はその社員を呼んで言った。
「きみ、光秀になるなよ。 上の者の欠点にこだわって

反抗したのでは正しくても大成しない。 残したほうの

責任者は確かに欠点も多いが、自分は得がたい経営者だ

と思っている。秀吉のようによいところを見て対処しな

さい」
『感動の経営 ちょっといい話』

(1994年9月 PHP研究所・刊)より

(所信)どの様な仕事であれ 上の人が 何につけても

全て完全ではない。

しかし その人の長所を見抜き 生かし 生かされる

様に又 使い 使われる様にすれば その人は無くては

ならない人となるのでしょうね。如何お考えですか。

(写真)夕方の京都駅から京都タワーを観る。

2007年3月13日 (火)

旅行

■□■ヘルシーニュース■□■

_011_2いつもご覧頂きまして有難う御座います。

37日~3月13日間関西方面に仕事を

兼ねまして旅行しておりました。

ブログを勝手に休ませて戴き大変失礼致し

ました。

又しばらくの間 今まで通りのペースで書かせて戴

きますのでご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。

(写真)京都東山日吉神社より

2007年3月 6日 (火)

若さとは

07228_081 ■□■ヘルシーニュース■□■~心の健康~  

あなたが従事している仕事,

若しくは今の生活状況は 当初は

積極的であれ 消極的であれ

あなたが 選んだ筈なのです。

だから 今の現状が不本意であっても 今の現状をありの

ままに認め 受け入れ 今後 その状況を如何に充実した

ものにするか しないかで あなたの人生は 今後ばら色の

ものになるか 灰色のものになるかにかかっているのです。

「愚痴・妬み・嫉妬・恨み・恐怖・憎悪・貪欲は 捨てま

しょう。

この7つの考えを持っている限り幸せにはなれない」と

かの有名なナポレオン・ヒルは言っていますし この7

を捨てて 「何事においても積極的に考え,真剣に 取り組

んでさえいれば 明るい未来が必ず来る」と 中村天風も

書籍に書き残しています。.

そのことを教え 実践させて戴けるのが 私共が携わって

いる「FLPの世界」なのです。

決して宗教や怪しい団体でもありませんし健康食品をただ

販売している会社でもありません。

誰でも、何処でも、いつからでも参加出来ますよ。

たった一度の人生です。

昨日も 私共同様に活躍されている87歳の女性が500

名の前で 素晴らしいスピーチをされました。

若さとは 年齢じゃなくて 考え方だとつくづく思い知らさ

れた一日でした。

(写真)先日訪れました鬼怒川温泉の一コマ

「日光花いちもんめ」より

2007年3月 4日 (日)

鏡の実験

07227_006 ■□■ヘルシーニュース■□■~心の健康 

酒井満様(私共の指導者で中村天風

&潜在意識の実践研究者)から教わ

りました「鏡の実験(毎日就眠前に

鏡に向かい 真剣に 自分の 身近な

目標や 改良点を 1回のみ 力強く

宣言し 眠りにつく)」を2月中旬

から始めました。

たとえば 私は毎日の様にアルコールを嗜んでいましたが

夜寝る前に「お前はアルコールが嫌いだ」と真剣に自分が

映っている鏡に向かって毎日一回言い続けました。

そうしている内に その宣言している言葉が 潜在意識に入

っているのでしょう・・・意識しないにも拘らず一週間程

過ぎた頃,自然に目標に向かっている自分に気づきました。

そして 努力しなければという意識も全く無く身近な目標

を達成していました。

今では 次の夢、目標(ハワイにお小遣い招待)に向かっ

て歩んでいる所です。

是非 皆様も身近なことで改善したい事、達成したい目標

等を掲げて騙されたと思って試みて下さい。

毎日がわくわくしますし,毎日楽しいですよ。

以上「鏡の実験」について

(写真)鬼怒川温泉郷の龍王峡より

2007年3月 2日 (金)

健康に万歳そして感謝

07227_002 ■□■ヘルシーニュース■□■心の健康

227~28日の2日間グループの

方々と慣例の旅行で今回は鬼怒川温泉

に行って来ました。

毎年23月に12回・10月~11月に12回と

グループ毎に行われております。

今回は 東京のグループの方々にご一緒させて戴き

ました。

上は 78歳~下は59歳と 人生のベテラン揃いばか

りでしたが FLPのアロエベラジュースを始めビー

プロポリス・ビーポーレン・プロテーンを愛用され

ている皆さんです・・・。

そのお陰でしょうか、皆様の体内年齢が10歳以上若

くエネルギッシュで 逆にハッパを掛けられ 健康を

確認させて戴いく旅となりました。

次回10月は参加人数を倍にして 歴史のある湯西川

温泉行きと決まりました。

グループで助け合い,お互いに幾つになっても健康

で楽しみながら仕事が出来る」って本当に幸せですね。

健康な仲間に心底万歳 そして感謝

(写真)鬼怒川温泉郷の一コマ        

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »