« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

プロ

07218021 ■□■ヘルシーニュース■□■

NHK特集番組「プロフエッショナル」

から「日本屈指・京都の庭師」

北山安夫氏のインタビューから抜粋

① 中途半端(まあいいか)では感動は生まれない。

② 切るも愛情,切らぬも愛情。

③ 己を捨てる事によって己を活かす。

④ 適当に造らない~隅々まで命を吹きかけ一生懸命に

やること。何事も適当にやっては感動は得られない

し相手にも与えない。

⑤ 全ての物にも思いやり(愛情)が大切。

⑥ 悩んで悩んで悩みぬいてこそ最良のヒントが生まれ

る。

⑦ アマチュア(素人)は途中でもやめられるし 無責任

でおれるが プロは引き受けた以上立派に完成しなけ

ればならない使命がある。

⑧ プロは答えのない答えを探す仕事。

(所 信)以上の文章に 私共が携わり,学び,お伝えして

いる仕事(FLPのホームページ参照)の関連する言葉を置

き換えれば 殆どが相通じている様に思います。

平凡な私共でも 日々精進していけば 生き甲斐,やり甲斐

に結びつき プロの域に近づいて行くのでしょうね。

(写真)京都府亀岡城跡の一コマ

~手前の石垣に歴史が見えます。

2007年2月24日 (土)

人生180度好転

07218220_017 ■□■ヘルシーニュース■□■

先日 

さいたま市

 私共仲間の月例会

があり 以下 体験発表がありましたの

でご報告いたします。

NO

Sさん~小さい頃両親が離婚という不幸な家庭事情であ

りながらおばあちゃん子として育てられ おばあちゃんと

ご近所の方々との毎日のお茶飲みに連れていかれた事が,

今のFLP活動に大いに生かされ,役立っていると思う。

FLPに出会う前では 職を転々としていて最後にお世話

になったコンサルタント会社の社長から当時「あなたは

必ず成功するよ」と言われたのが唯一の救いでした。

そして 妹は転々としている私をみていてFLPに出会う

までは 全く信用がありませんでした。

しかし FLPに出会ったお陰様で人生の成功に向かって

順調に進展していますので 今まで ちゃらんぽらんな私

FLPに出会い 変わっていく私を見て,妹が今まで以上

に強力にサポートしてくれています。

そのお陰で 今では たくさんの方々のご協力を頂いてお

りますし 順調に推移しております。

このことからお分りの通り妹が最大で最高のパートナー

であると 心より深く感謝している次第です・・・、と

発表されました。

(所信)FLPに出会って愛用された多くの方々の人生

180度より良い方向に変化されるお姿を拝見し 私共

 益々勇気付けられ 一人でも多くの方々に紹介せずに

はいられません。

ご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。

2007年2月22日 (木)

本物の強さno2

■□■ヘルシーニュース■□■

072先日 

さいたま市

で私共仲間の

「健康を考える月例会」があり

以下体験発表がありましたの

でご報告いたします

NO

Mさん~「21歳の頃 当時私は アトピー・ひどい疲れ・

不整脈・口内炎・腰痛と多くの病気を抱えながら病院で

看護士として働いていました。

そして 勤務先からの帰り道にY先生からお花を習って

いました。

ある日 お花を習っているところに 以前 習っておられ

病院から退院された女性が お見舞いのお礼にと ご挨拶

に見えた所 先生から アロエの良さや, 仕事になる話を

長時間に渡り 説明されておられるのを又聞きし 結局は

私がその話を理解し買って飲み始めました。

そして日々私自身が元気になって行くのが分かりました。

そこで 私は仕事柄 薬の怖さ,病気は薬では治らないこと,

病気でお金を使うより 病気にならないためにお金を使い

たいし 又病気になってから人の面倒を見るより病気にか

からない人をつくる事のほうが 大切だと感じました。

,それから間もなく看護師をやめ 今生き甲斐を持ってFLP

商品の普及と共に夢.目標を持って活動をしている所です」

とお話をされました。

(所信)

病気にかかってからでなく かからない身体つくり

のため 看護師をやめ FLP商品の普及に努められ

ながら ご自分の夢・目標を持って励んでおられる

お姿を拝見し 素晴らしい事だと心より敬服する次

第です。ご一緒に励んで参りましょう。

ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

2007年2月21日 (水)

本物の強さ

069 ■□■ヘルシーニュース■□■

先日

さいたま市

で私共仲間の

「健康を考える月例会」があ

 以下体験発表がありまし

たのでご報告いたします。

NO

Kさん~「長い間化粧品の代理店を経営していました。

10年前経営の事情もあり胃痛,偏頭痛に悩んでいました

ところに私の体を心配してHさんからFLP商品の紹介

がありました。

しかし Hさんの話を全く信用せずに数年間が過ぎ別の

ことで思い悩んでいた頃 Hさんから“健康について

の講演会があるので行って見ない?“とのお誘いがあり

その時心境の変化もあり 出掛けてみて そこに出席され

ている女性の方々が 健康から来るお肌の輝き、明るさ,

楽しさ,皆様が夢,目標を持っておられるのを拝見し,自分

が長年やって来た化粧品そのものに  仕事に疑問を持

ったと同時に 衝撃が心の中を走り抜けました。

そして今までやって来た化粧品が本物でない事が分かり

FLP商品に切り替えている所です」とお話されました。

(所信)本物の強さ,体験から生まれる真実の強さが

人の心を揺り動かし 感動を与えるのですね。

2007年2月10日 (土)

本物の健康

■□■ヘルシーニュース■□■

071先日

さいたま市

 私共仲間の

月例会があり 以下体験発表が

ありましたのでご報告いたします。

NO

Yさん~異常な染色体があり医者からも数年の命と言われ

ていたお子さんの母親でご自分自身も16年前寝たり起き

たりの生活で一家は破綻寸前まで追い込まれた状態だった

そうです。

先日もYさんは 家族全員の前で15FLPに出会わなか

ったら 息子さんもご自身も おそらく命を落とし 家族は

崩壊していただろうと お話をされたそうです。

しかし15年前Yさんは

 本物のFLP商品に・

 素晴らしいFLPの理念に

FLP独自の最良のシステムに出会い,

商品を愛用され,会社の考え方に惚れ込み,FLP独自のお伝

え方法で今では家族全員本当の健康(身体・心・経済)を

取り戻されました。

そして「家族全員が FLPを伝えて頂いたスポンサーに 

手取り足取り教えて頂きここまで導いて頂いたFLP社に

心からの感謝で一杯です」と感謝の念に満ちたお話をされ

ました。

所信~以上の話をお聞きしていて 私共夫婦は勿論のこと

家族共々 同じ様な経験をして来ましたので その当時を思

い出し二度三度と 目頭が熱くなるのを覚えました。

 今日から旅行のため10日間程お休みさせて頂きます。

2007年2月 6日 (火)

「三方良し」の精神

07505_003   ■□■ヘルシーニュース■□■                         

先月15日~19日間FLPジャパン

の招待で オース

07505_005トラリアのゴールドコーストに行っ

て参りました。

昨年はシンガポール・一昨年はバリ島

07505_004その前の年はオーストラリアのシドニー・・・と。

毎回 寒い冬の日本を離れる企画をして頂き 来年は

ハワイ行きと決まっております。

毎年の事ながら私共の様に、又ある人

は家族連れと

年々増え続け 今回は総勢600余名と

07119_038大勢の参加者

となりました。

今回 私共もグループの方とご一緒出来,自分の事の様

に嬉しく、感動致しました。

そして 私共自身の夢・目標は勿論の事 グループの将

来について熱く熱く語り合い,楽しく5日間を過ごす事

が出来132165ました。

FLPの仕事に 夫婦で携わり 毎年の様

に海外や国内のあちこちにと 旅行をさ

せて頂くことが出来ますのも

FLPの優れた商品・素晴らしい会社の理念・他社が

絶対に 真似の出来ないFLP独自のシステム

お陰で御座います。

近い将来 毎年この様な旅行にご一緒出来ます様 チャレ

ンジしてみませんか。

微力ながら 応援させて頂きます。

殆どの人は 惰性的な毎日を過ごしながら 時が来れば

あの世に行ってしまうのです。

一生に一度の人生です。

なんのために この世に生まれて来たのか 再認識し,楽し

く有意義に過ごそうではありませんか。

FLPの仕事は 石田梅岩が 唱えた「三方よし」の精神

(相手良し・自分良し・社会良し)そのものなのです。

最後にグループそしてFLPの会社、ご参加されました

それぞれの皆様に 心より御礼を申し上げます。

(写真)石田梅岩の寺小屋・ゴールドコーストの風景   

Gc_about

2007年2月 3日 (土)

お互いに必要な人

070_2 ■□■ヘルシーニュース■□■

皆様は「私はあの人とは合わない」、

「あの人とは犬猿の仲」と思った

ことはありませんか。

案外その様な人達こそお互いが持ち

合わせていないものを お相手の方がお持ちになって

おらるのではないでしょうか。

何事においても 全てに 完全な人って いらっしゃら

ないと思います。

その長所を お互いが出し合い、短所をお互いが 認め

合い 埋めあわせていけば 最高のパートナーとして歩

んでいけると思うのですが・・・。

それを 阻害しているのは 単なる我がままであったり,

相手を尊重していない事であったり、自分が絶対だと

思い込んでいたり 等々によって起こっているのではな

いでしょうか。

お互いがそれぞれ生い立ち、環境、教育 等違った環境

で育ち 生活してきた訳ですから 考え方や意見が 合わ

なかったり、行動が食い違ったりするのは 当然起こり

うる事ですものね。

だからこそ 考え方や意見を 徹底的に戦わせ,より良い

方向をお互いが見つけ出していく過程にこそ人として

大きな前進が そして成長があるのだと思いますが・・。

人として成長するには お互いに必要な人なのですね。

それには お互いが育て 育てられているという大きな

深い愛と信頼 そして 全てを許すという考えを より深

いコミニケーションによって計る必要があるのですね。

より成長した人間に一歩でも近づくために・・・。

FLPの仕事に携わらせて頂き 人間関係の冥利について

想う事を述べさせて頂きました。皆さんは如何お考えで

しょうか。

(写真)京都嵐山の冬景色の一コマです。

2007年2月 1日 (木)

素晴らしい仕事

059 ■□■ヘルシーニュース■□■

団塊の世代について~TV報道番組から抜粋

~約700万人・・・新成人138万人

■■■団塊世代の希望&傾向■■■

① 第二の人生は~生涯現役で過ごしたい

(例)もといた企業に再就職・外国の企業に求められ転職・全く

異質な商売等・趣味と実益を兼ねた収入。

② 退職金は 一人あたり 平均約2,000万円前後支払われる。

   (退職後平均寿命までの必要生活費は夫婦で約8千万

1億円必要と言われてる。退職金+年金だけでは不足

~全国で50兆円が退職金として団塊世代に支払われる。                     

③ 自分のために お金を使う傾向が出て来る。

~本当の自分の船出にしたいから。

~自分の好きなことが出来るから。

~実りの多い人生にしたいから。

     女性~未来への夢を追っかける。後ろは見ない。

男性~昔出来なかったことをすること

~(例)ハーレーの購買台数30%アップ。ギター教室が盛ん。

夫婦で海外旅行すること

④ 海外生活へのあこがれ~海外長期滞在=ロングステイに憧れ

ている。(例)タイ~20万の生活費で十分にやっていける。

         日本語が通じる市場・病院・公共施設等あり。 

■■■団塊世代の今後の課題■■■

① 2007年4月から離婚が増える。~厚生年金分割制度

 熟年合コンパーティが増えるだろう。

② 転職への道~イ.自分の技術を生かす路 ロ.全く違った路

(店を持つ)をいく.外国市場~日本の高い技術者を求めている。

③ 達成目標を遠くに置くこと。~長期戦で取り組むこと。

 役に立つ人生を送りたい→生き甲斐・やり甲斐の仕事がたい。

④ 団塊世代にはなにかにつけて女性が鍵となる。

⑤ まず行動を起こすこと。声を出し、手を出し一歩踏み出すこと

団塊世代の選択(テレビ東京)~「ガイアの夜明より

(所信) 

団塊の世代の方は勿論のこと退職される方々で又退職された

方々で まだまだ 夢・目標を持っている人に以下の事をご提案

申し上げます。

FLPの仕事は 生涯現役で出来,生涯収入源になる。

現にFLP活動で85歳~90歳で現役の方々いらっしゃいます。

FLPの仕事は 退職金+年金以上の収入が 努力次第で

終身獲得でき 老若男女誰でも取り組める仕事です。

FLPの仕事で 自由自在の人生を送る事は十分可能ですし

 現にその様な生活をたくさんの方々が送っていらっしゃいます。

(例)ロングステイで海外生活の方々。仕事・観光を兼ねて海外を

飛び回っておられる方々。

FLPの仕事は 誰でも、何処ででも、いつでも、20歳以上で

あれば 取り組めますし,登録すればあなたは社長です。

FLPの仕事は 世の中に大変役立ち,生き甲斐,,やり

甲斐のある素晴らしい仕事です。

一生に一度の人生です。さあ勇気を出して!!

チャレンジしてみませんか。

資料ご希望の方やご意見,ご感想のある方はメールを

お寄せ下さいませ。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »