« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月27日 (水)

夢は叶うもの

G_023**ヘルシーニュース**

1220日の「ヘルシーニュース」の

題名「想えば叶う」の中のイチローの

」と題した作文です。

イチローの夢~題名 「」 第6学年2組 鈴木一郎

僕の夢は 一流のプロ野球選手になることです。そのためには中学

・高校で全国大会へ出て 活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには 練習が必要です。

僕は 三歳の時から練習をはじめています。37歳までは半年ぐ

らいやっていましたが 3年生の時から今までは365

日中360日は はげしい練習をやっているんだから 必ずプロ野球

の選手になれると思います。

そして 中学高校でも活躍して 高校を卒業してからプロに入団す

るつもりです。

そして 球団は中日ドラゴンズか西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのは 投手と打撃です。

昨年の夏 僕達は全国大会へ行きました。

そして ほとんどの投手を見てきましたが 自分が大会ナンバー

1投手と確信できるほどです。

打撃では 県大会4試合のうちホームランを 3本打ちました。

そして 全体を通じた打率は 583厘でした。

この様に自分でも納得いく成績でした。

そして ぼくたちは1年間負け知らずで 野球が出来ました。

だから この調子で これからもがんばります。

そして 僕が 一流の選手になって試合に出れるようになったら 

お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも 夢の1

です。とにかく 一番大きな夢は プロ野球選手になることです。

以上

所信~ 日本では~ 夢は寝て見るもの、夢は儚いもの、実現す

     る筈の無いこと

     外国では~ 夢は叶うもの、夢は実現するもの、想えば

叶う

以上 国によって意味は正反対ですが どちらにせよ成功している

人の殆どは夢・目標をもって励んだ人達だけで 夢・目標を持って

ない人は目的を達成する事は 偶然を除いて殆ど無いのが現実

です。

だから あなたも夢・目標を達成するには ,強く想い、潜在意識に

強く訴える事です。

私共を含め 私共の多くの仲間が この潜在意識を活用して 夢・

目標を 次々と達成したり 獲得しています。

だから現に夢・目標は実現するのです。如何でしょうか。

ご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。

(写真)京都広隆寺の中の一コマです。

2006年12月25日 (月)

感動を与えるとは

_094 **ヘルシーニュース**                                    

「ホスピタリティとは何か」

「感動サービスの経営とは

どういうものか」について、

現在「CS,ホスピタリティ総合プロデューサー」として

活躍している林田正光氏が、ホスピタリティ経営の極意

を語ったものです。
■■■
 内容の一部ご紹介 ■■■
伝説を生む感動サービスのサプライズ
ここでご紹介するのは,リッツカールトンで実際にあった

伝説のサービスです。簡単に紹介しておきましょう。
場所は,アメリカ・フロリダ州にあるリッツ・カールトン

ネイプルズ。
ビーチ係のスタッフが,夕方,砂浜に並んでいたビーチチェア

を片付けていたときのことです。

一人の男性が、そのビーチ係に声をかけました。
「今夜、このビーチで恋人にプロポーズしたいんだ。

できればビーチチェアを一つ残しておいてくれないか?」

もちろんビーチ係の仕事は ビーチチェアを片付けること

ですが、彼は「喜んで」と微笑みながら、ビーチチェアを

残すことを約束しました。
しかし,そのスタッフは,ビーチチェアを残しただけでなく、

ビーチテーブルも一つ残しておくことにしました。

さらに テーブルの上に真っ白なテーブルクロスを 敷き,

お花とシャンパンを飾りました。

また、男性が女性にプロポーズをするときは 跪くのが

一般的でしたから,男性が地面に膝をついたときに,服が

汚れないように、地面にタオルを敷きました。
皆さんは,これだけでも,サービスとしては十分すぎると

思うことでしょう。
しかしビーチ係のスタッフは、これだけではありません。
レストランの従業員に頼んでタキシードを借り受けると,

急いでタキシードに着替え、手には白いクロスをかけて,

今夜、プロポーズを交わす二人が来るのを待ち受けた

のです。
与えられた仕事,命じられた仕事をその通りに行う。

これでは,仕事に感動は生まれません。

そこに相手を喜ばせ,思いやる心が加わってはじめて,

感動が生まれるのです。
従業員の心の中に,そんな柔らかで,やさしい心が育って

いるかどうか。

ホスピタリティいわゆるおもてなしの心を実現する経営

,そこからスタートするのです。

PHP研究所経営支援,人材教育.2006/12 号外より抜粋

人に 又社会に 感動を与える事とは まさにこれですね。

今の社会は 出来るだけ人に関わりたくない又関わらない

で、云われた事 習った事だけをやり 余分な事はやらな

いといった風潮 往々にしてあるのではないでしょうか

私共も もう一歩踏み込んで ホスピタリティー的行動で

お互いが 感動のある人生を送ろうではありませんか。

人は 社会は その様な人を求めているのですね。

(写真)ある日の軽井沢の一コマです。

2006年12月22日 (金)

FLPを手段として

**ヘルシーニュース** 

0621506218_012

0621506218_007

“かくも早き流れの中に”

なんとなく昨日は過ぎて今日もくれてやがて明日が明ける。

その明日も たぶん今日のように暮れて そして 気がついてみたら

もうすぐこの年も暮れていって又新しい年がやってくる。

かくも人生は 早く流れ かくもうつら うつらと昨日を生き

今日を生きて 明日もまた生きていく我らよ!!

この人生の早き流れにふと立ち止まって この辺で 何か

自分の歴史に残る何かをやり遂げてみようではありませんか。

.FLPはそれを教えてくれる世界です。

綾部グループの勉強会より抜粋

私達のグループでは

1.貧困な世界に生きる子供を一人でも多く救うこと。

2.自分の町に老人ホームを造ること。

3.マイホームを建てること。

4.世界一周を家族ですること。

5.別荘を建てること。

6.毎年夫婦で海外旅行に行くこと。

7.毎年福祉施設に寄付し続けること。

8.子供を海外留学させること。

9.全国に愛用者の輪を広げること。

10.FLPで終身現役で過ごすこと。

11.3年後年収1000万を獲得すること。

12.その他多数

以上夢・目標をそれぞれ掲げられ FLPを手段として活用し

日々励んでおられる所です。

写真は信濃路から南アルプスを望む

2006年12月20日 (水)

想えば叶う

0621506218_008  **ヘルシーニュース** 

昨日 朝の番組を見ていましたら

アメリカ帰りの元西武松坂投手の

インタビューが映っていました。

その中で 小学校卒業文集で「将来は100億円プレイヤーに

なると書いていましたが 今現実となりました」とご本人が述べて

いましたし、同じ様に今アメリカで活躍中のイチローも 小学校

6年生の時「大リーガーで活躍する」と 作文に書いていたそう

ですし松坂同様に又実現しているのです。

純真無垢で一途な願いは いつかは神様が 味方をしてくれる

のですね。

想えば叶う、夢は叶えるためにある、思考は現実化するといわ

れますが まさにその通りで 夢を実現している人は その想いが

一途で深いからなのでしょうね。

私共もFLPに携わって以上の様な考え方と 潜在意識の考え

方を教わり ,勉強し お陰様で 次々と夢が叶う様になって参り

ましたし 私共同様に人生が180度好転した人が たくさんいら

っしゃいます。

あなたも 是非 簡単な方法で夢が叶う潜在意識の勉強をして

みませんか。あなたの人生は より良い方向に変わりますよ。

ご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。

(写真)信濃路から南アルプスを望む

2006年12月18日 (月)

成功とは

**ヘルシーニュース** 

061204_026「5回目の転職そして成功の条件とは」

アップルコンピューターと

マクドナルドを再生させた男

~現マクドナルド会長・原田泳幸氏より

対 談 より

① 何事においても進退には6つぐらいの目標を持ってやること。

 何もやらずに失敗者になるか やる事をやって失敗者になるか。

私は後者をとる。あなたは?

③ 品質・サービス・清潔さが基本で それは当然。

それを克服し 如何に付加価値を積み上げるかである。

④ コミニケーションは 常に心を乗せ 思いやりを秘めてすること

⑤ 仕事の中の人生ではなく、人生のなかの仕事であること。

⑥ 変化を待つのでなく、自分で変化を作り出せ,

そして 自分のライフスタイルを作り出せ

⑦ 過去の慣習にとらわれないこと そして これだと感じたら

スピードを持ってやること

⑧ 成功者の条件は お客様のため 社会のために 如何に貢献 

するかである。

. 以上 06・12・11テレビ東京.カンブリア宮殿より

切磋琢磨され 取捨選択されながら 積み重ねの人生を歩んで

こられたことから以上の様な結論を 導きだされたのでしょうネ。

以上のお話は まさに私共がFLPで教わり、実行しているのです。

だから私共は成功の条件は整っているのです。

皆様 如何お考えですか。ご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。

写真は夕闇せまる晩秋の富士山

2006年12月16日 (土)

大人になりきれない大人

061204_024  **ヘルシーニュース**

今日我が国では 大人になりきれない人

が増え 物の考え方や物の見方 そして

心のあり方が 幼児化する傾向が益々

強まってきている。

その様な人は 他人がどう思うかなど全く意識の外にある。 

周囲への配慮に欠けた行為、大人げないわがままな振る舞いが

目に余る。

このままでは 戦後60年営々と築き上げてきたこの豊かな社会

は遠からず溶解し衰退するしかない。

今求められているのは 大人の心、大人の分別である

PHP.1より抜粋)

どうすれば 大人の心,大人の分別は得られるのでしょうか。

先ず 自分さえ良ければ, 家族さえ良ければと余りにも狭い小さ

なコミニティーの中だけの思考で行動しているのではないでしょうか。

今の幼児化した大人を 早急に変えることも 大切なことですが

私は 大人になってから変える事は 大変難しいと思います。

根本は 幼児から成人するまでの家庭や学校でのあらゆる面の

道徳教育の徹底が 最も大切だと思うのですが・・・。

皆様は 如何お考えでしょうか。

              

2006年12月14日 (木)

ワーキングプア

_023 **ヘルシーニュース** 

ワーキングプアとは

生活保護水準以下の収入の人のことを云う。

① 今 日本で650万世帯あると云われている。

② 企業は 使い捨て&便利屋として使っている。

   2~3もの仕事を掛け持ちしている人もいる。

③ 本業では食べていけない業種が 増えてきた。

~繊維業・小売業・中小企業に多い

④ 外国からの安い労働力の流入で 自給ダウン。 

⑤ 資格を取っても 自給が安い。

⑥ 人々の勤労意欲が 減退している。

夢が持てないため 労働意欲が湧かず その日暮らしの生活

⑦ 貧困者が多数派になって来ている。~貧困の再生産

⑧ 老いても 働き続けなければならない時代が 来ている。

 少々の蓄え(例.70万)があるため生活保護を受けられない。

   (82歳で 空き缶拾いの仕事で月5万円~その様な収入

手段の老人が増えている)

 ワーキングプアの高齢化が 進んでいる

A.年金がもらえないお年寄りが40万人にもなり なお増え

続けている。

B.老人が 大切にされていない社会に 明日は無い。

 年金をもらっていても 生活できない老人が 増えている。

   (例.そのため公園清掃で働き8万円の収入を得ている。

    年金6万円~76歳妻が老人ホームに月6万円必要)

⑪ ワーキングプアは 誰にでも起こる~病気・離婚・失業・等

⑫ 大学卒でも3年以内に3人に一人が転職して行く時代。

(NHKスペッシャル番組から抜粋)    

以上 余程の特殊技能や才能が無ければ 中途採用者に

関して企業は 雇ってくれない時代になっております。

自分と自分の家族を守るには今の政府・自治体・社会

では 当てになりませんし 決して十分な面倒は見てく

れません。

やはり 自分で自分の能力を悟りながら 方法を見つけ,

工夫して収入を得て家族を守るしか方法はないのです。

是非 私共の話に一度耳を傾けてみませんか.

ご意見・ご感想を下記コメント欄にお寄せ下さいませ。

写真は晩秋の京都智積院の境内より

2006年12月12日 (火)

素直な心

_020 **ヘルシーニュース** 

「素直な心」とは ただ「おとなしく」 

と言う意味ではない。

「ものの実相を見出す事が出来る心」です。

この素直な心が無ければ 本当の強さ,正しさというものはないの

です。 

言い換えると 白は白,青は青と見えるように 素直に物を見てい

こういうことです。

そうすると 白を黄色に見たり、赤色に見たりする事はない筈です

から判断に過ちが無いのです。

ですから 素直な心を持てば強く正しく聡明に判断でき行動で

きると言う事です。

物事がうまくいかないとき あるいは悩みが生じたとき 一度何かに

とらわれていないかを省みる必要があるのではないでしょうか。

PHP12松下幸之助が遺した言葉より

私も素直な心とは 闇雲にハイハイと従うのもその一つに入るのだ

と思っていましたが 物事の本質を見極めていないのですね。

物事がうまくいかないときあるいは 悩みが生じたとき,つい邪心

や 私心にとらわれ 正当な判断を誤る時が多々あるのです。

常に心したいものだと肝に命じました。

写真は晩秋の京都智積院の境内より

2006年12月10日 (日)

アロエベラジュースの歌

**ヘルシーニュース**

食べ物たくさんあるけれど 飲み物たくさんあるけれど

こんあにスゴイものはない こんなにオイシイものはない

一家に一本・アロエベラジュース

ミルミル元気になったのも ドンドン奇麗になったのも

ヒミツは黄色いこのボトル?奇跡の植物アロエベラ

一家に一本・アロエベラジュース

冷蔵庫から取り出して 何度か振って飲めばいい

手間も掛からず超簡単 有名人もご用達

一家に一本・アロエベラジュース

メタボリックシンドローム怖くない 今こそ植物栄養素

クレオパトラの時代から 健康と美容はアロエベラ

一家に一本アロエベラジュース

本物ブランドFLP アロエのリーディング・カンパニー

918万坪の 畑の広さも世界一

一家に一本・アロエベラジュース

1.2億の日本人 全ての家庭にアロエベラ

健康・豊かさ・ふれあいを 黄色いボトルにゃ夢がある

一家に一本・アロエベラジュース

詩・曲・編曲 樫原 玄氏

以上一部省略して掲載いたしました。

写真は 晩秋の京都東山 日_008_1吉神社境内より_007

2006年12月 8日 (金)

病気にならない

**ヘルシーニュース**

病気にならない体をつくるには

①.「血液の質」を上げて自然治癒力を高める。

_004_2A.食べすぎ 

B.運動不足 

C.体の冷え 

D.ストレス

全ての病は血液の汚れによって起こる。

②.「腹八分に病なし」そして食を見直せば元気になる。

  腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず。

③.「冷え予防」をすること。~そのためには 体を動かして

筋肉をつけよう。

   以上PHP12の記事より

以上を皆様はどうお考えでしょうか?私は下記の様に考えてみ

ました。

①血液の質を上げるには~ビタミン・ミネラル・アミノ酸の入った

自然のものを摂ること。

(FLP商品は78種類以上の栄養素を含んだ最高の自然

健康食品です)

血液を悪くする主な原因~加工食品・冷凍食品等 偏った

食生活による場合が多い。

②食べ過ぎは メタボリック症候群になりやすく糖尿病・脳梗

塞心筋梗塞を併発し易い。

食を見直すには~FLP商品の活用で多くの人が食改善を

され体質改善に結びついている。

③冷え予防には~①の通り多くの人がFLP商品の活用で自

然と解消している。

 以上の通りです。一度お試しを

 写真は京都日吉神社の境内より

2006年12月 5日 (火)

一語一恵

_021 ***ヘルシーニュース**                                   

茶道で「一期一会」という言葉が生

まれ現在一般的に使われています。

この意味は 皆様も既にご存知の

通り 生涯 この出会いが 最初で

最後かもしれないと感じ 深い心で

人と出会う事を説いたものです。

そういう心得を持って 全ての人に接していきたいものです。

そういう出会いで 一期一会 ならぬ「一語一恵」を実践できた

ら・・・と思います。

一つの言葉に 一つの恵みを添える事が出来ればとの想いで

以下掲げます。

① 何気ない言葉が 人を悲しませるなら,一つの言葉で人を

喜ばせたい。

② 何気ない言葉が 人を挫折させるのなら,一つの言葉で人

を立ち直らせたい。

③ 何気ない言葉が 人を死にそうになるほど苦しめるのなら

,   一つの言葉で人を生かしたい。

ネットワークビジネスに関わっている皆様のグループ活動の輪の

中にそういう「一語一恵」があります様に・・・

著書「成長点の秘密~あなたもネットワークビジネスで成功できる」

著者児玉博より参照

私達が 日頃何気なく発している言葉が一人の方の人生を

大きく左右することがある。

以上のことを肝に銘じて心から一つ一つ言葉を選び 接して

いくことの大切さを 痛感させられました。皆様は如何にお考

えでしょうか。

ご意見・ご感想を下記のコメント欄にお寄せ下さいませ。

写真は京都智積院の境内より

2006年12月 3日 (日)

一期一会

_004 **ヘルシーニュース** 

“何をしっているかよりも

誰を知っているかが肝心“

「人の世は縁と縁の絡み合い、

たぐる幸せ、不幸せ」と言われる様に

如何に良い人とのご縁を活かすかで 人生は決まる。

ややもすると私達はノウハウを求めたがるがノウハウよりももっと大事

なものはノウフーである。

つまり 何を知っているかよりも誰を知っているかが肝心だ。人と人と

の出会いによって運命は一気に変わってくる。

良い出会いを作るには

①求めるより与える人間となれ

人間的魅力を持つこと。魅力は与える事によって引き出される。

相手の欲しがるものを与える事が出来る人は相手を自分のとり

こにさせる事が出来る。

②対人感受性を磨け

 相手が何を欲しているか たちどころにキャッチ出来る対人感受性

を磨け。そのためには人にもまれることである。

③人を見抜く眼を持て

八方美人はよそう。暗い人,ずるい人,性格の悪い人,依存心の強い

,わがままな人,自己中心的な人,つまり 運の悪い人とは かかわら

ない事。かといって決して敵は作らない事。

④誠実で正直であれ

人を利用しようと思うな。人もよし,我もよし、自分の方がちょっとよし、

くらいの感覚で共存共栄の関係こそ最も長く続く秘訣である。

⑤何か一つで良いから人よりもキラキラ輝くものを持て

   知識、特技、資格の様なものだけではない。挨拶,笑顔そしておし

ゃべり、お世話好きでも何でも良いあなた個性を最大限引き出せ。

とにかく良いご縁を作ろうと思ったら心がいつも気分上々でいる事だ。

心がいつも上々で陽の気で満ちていると良い人が集まってくる。

小才は縁に出会って縁に気づかず。中才は縁に出会って縁を活

かさず。大才は袖触れ合うも多生の縁と縁を活かす。

(柳生家の家訓より) 機関紙ソフィアより

やはり 私達は日ごろから 自分自身の人間力を 積み重ねながら

常に 一期一会の気持ちで縁を大切にして行動することが 人生を

より有意義で生き甲斐のあるものにしてくれるのだと信じます。

皆様は 如何お考えでしょうか。

ご意見・ご感想を下記のコメント欄にお寄せ下さいませ。

2006年12月 1日 (金)

脳がおかしい

_008 **ヘルシーニュース**061201                        

[講演者] 栗林祐子様(SPCM

1997年バングラデイッシュの医師

を助けるため NPOに薬剤師として 

バングラデイッシュに参加、そして

今も続けている。

バングラデイッシュの現状~人口1億2千万(面積北海道

2)世界一貧困国

FLPとの出会いは メニエル症候群と診断され,親友から

身体を心配して毎週電話で「あなたの仕事は大変良い事で

大切な事ではあるが あなた自身その仕事で命を落としま

すよ」と言われ 我に返り

 熱心に勧めて頂いたお陰でアロエジュースの愛用を始

FLPの仕事に携わる様になった。そして

 私と同じ様に夢.目標を持っている人との出会いが私の

人生を180度変えてくれた。

 うまく行かない時には動機の原点に戻った。

以上商品は良し,自分良し(体調の回復,薬剤師を辞め)仲間

良し,システム良しが私をSPCMに押し上げてくれました。

「21世紀は 脳の時代」と言われるが 全ての世代で 

がおかしくなって来ている。

その現状をみてFLP商品を伝え広める事に 益々 使命感

を感じた。以下参照

  0歳  現代は奇形児の世界

      学力低下

      注意力欠如 ~ナトリウム不足

      多動児 ~着色料,香料の多量摂取が影響。

      学級崩壊

      キレル子供達

~カルシウム・マグネシウムの不足

ナトリウムの不足

10代  暴力    ~同上の栄養素が不足

      不登校

      ひきこもり

      家庭内暴力

 20代  ニート

      幼児虐待

      若年性認知症

 30代  30~40代自殺者世界一

 40代  認知症・アルツハイマーの急激な増加

 65代  180万人の認知症

大きな原因として

① 必須栄養素の欠乏による影響

  現代人はアエン・トリプトファンが不足している。

② 社会における色々なストレスによる影響

③ 携帯電話・電化製品による電磁波の影響                                          

  ガンの発生率が2倍~数10倍多いと言われているた

    め10年後が大変恐ろしい。

  ゲーム及びゲーム機は脳に悪影響を与える。

06.11.16 大阪愛用者の集い~栗林SPCMの講演より

私共の携わっておりますFLP社商品(アロエベラジュー

スビープロポリス.ビーポーレン.他)は天然自然なもので

4000年もの歴史があり 100種類以上の微量栄養素

(必須栄養素を含む) 含んでおり 世界に唯一誇れる商品

と言っても決して過言ではありません。

 多数の素晴らしい実体験(登録者850万人) 世界に

広がっております通り 安心してご愛用頂けます。

以上の通り 食の革命を起こさない限り 現代の食生活では

正常な人間が育たないと確言出来るのではないでしょうか。

ご意見・ご感想を下記のコメント欄にお寄せ下さいませ。

写真は紅葉の京都白川南通り

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »