« 年金糞食らえ!! | トップページ | 先ずは念願すること »

2006年10月 6日 (金)

金欠病は生活習慣病

017 **ヘルシーニュース**

                   

l         

金欠病にならないための3つ条件

    

他人依存の生活習慣をやめること。

月々固定給が入ってくると思い安心するな。会社がピンチに陥って

倒産したり リストラにあったりすると干上がってしまう。

他人依存の習慣を 持ち続けない。

流行ばかりを追っかけるな・この習慣を断ち切る事。

「寄らば大樹の陰」で安心しているといつかは

雷が落ち感電死する。

 独りよがりの生活習慣をやめること。

人が,組織が,社会が,何を求めているのかとい,う 

謙虚な姿勢を持つこと。

自我ばかりを強調しない。利己主義はだめ。

お金は 人々のニーズを満たさないと入って

こないものであると 悟る事。

    

求めるばかりの生活習慣をやめること。

「給料(日給)が高い」「休みが多い」

「福利が充実している」等会社に

求める事ばかりで 職を決めるな。

一般社会でも何事においても求めるばかりで

与える事を知らない輩が多過ぎる。

自分は何が出来るのか,何に貢献できるのか,

今何が求められているかを

探り実践する事。

金欠病を治すには「求める習慣」を止め

与える習慣」に変える事。

そして金質改善を図る事。

以上のことを考えると金欠病も生活習慣病

の一つで この3つの生活習慣を改善すれば

金欠病は克服できる。(ソフィア誌から引用)

l  ガン・心臓病・脳卒中等の 生活習慣病は

自己管理の徹底で1/2は防ぐ事が出来ると言われています。

l  金欠病も 生活習慣病同様に自己管理を十分に行い

自己責任を明確にする事で

確実に減少出来るのではないでしょうか。

写真は京都のお寺の参道風景

« 年金糞食らえ!! | トップページ | 先ずは念願すること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年金糞食らえ!! | トップページ | 先ずは念願すること »