« 先ずは念願すること | トップページ | Uターンの出来ない人生 »

2006年10月10日 (火)

40年先の話

05423_008 **ヘルシーニュース**                     

近頃 数回のお通夜と葬儀に列席させて頂き

自分自身の身近な問題として受けとめ

以下の事をひしひしと考えさせられました。

私共の場合を考えますと

1.親族の関係者(京都出身のため出席者は近距離だけの関係者)

2.元会社関係者(退職して数十年経過のため出席者は義理で)

3.ご近所の班内関係者(義理での出席)

4.子供の関係者(会社・サークル仲間の出席者は義理で)

以上の関係から どれ程の人が心から参列して頂けるだろうか・・・・

と思った時 つくづく考えさせられた次第です。

しかし 私は 現在携わっているFLPのお陰で たくさんの

仲間が遠近に関わらず 心から駆けつけて頂けると思います。

そして そう言い切れる訳は 充実した時間を 楽しく,元気で,

一生の仲間として 分かち合い、助け合っているからです。

ところで 私がお世話になる時期は おそらく40年程先の話です。

その節は 何卒宜しくお願い致します。

写真は天竜寺の庭園の一部

« 先ずは念願すること | トップページ | Uターンの出来ない人生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先ずは念願すること | トップページ | Uターンの出来ない人生 »