« お医者さんのお勧め | トップページ | リウマチ&夢 NO1 »

2006年9月 9日 (土)

前置胎盤

058_ **aloe & diet familyニュース** 

今回秋篠宮妃紀子様が 部分前置胎盤を克服され 帝王切開で無事男児をご出産されました。心からお祝い申上げます。

そしてご出産当日 埼玉で愛用者の集いがあり 偶然にも2人の方が前置胎盤で苦労され無事出産された話をお聞きしました。重複する話が 多々ありましたので以下Tさん(全前置胎盤)の話を中心に ご報告いたします。

前置胎盤とは 皆様も良くご存知の通り 子宮口の一部に胎盤がかかり 出産後胎盤を剥がすのが困難で少しでも傷をつけると蛇口をひねった様に 大出血を引き起こし1/10の割合でショック死される様です。

Kさんは非常に稀な全前置胎盤で前置胎盤より手術が難しく子宮口が全部塞がれている状態

①万が一胎盤が剥がれず出血が止まらない場合子宮全摘出の予告をうける。

②そのために 手術の際 必要な血液を1週間に一度300cc3週900cc自己血を採取予定

③しかし 当時Kさんは「貧血」で出来ない状態~この様な方が多いとの事

④そして数日間 終日の点滴をするのが通例と言われる。

⑤前置胎盤の出産はほとんどが未熟児で生まれる。

そこで 絶望の淵にありましたKさんは 「何事も医者任せにせず自分で出来る最大限の努力をしてみよう」とお母さんから食改善にアロエベラジュースとプロポリス・ポーレンを試してみないかとの話がありお母さんを信頼し予定日の約半年前から飲み始められた様です。

そして それと同時に「絶対に母子共に元気で 家族の元に帰る」と決意し 朝昼晩と毎日赤いノートに願いを込めて半年間書き続け 潜在意識に訴えました。その結果

①貧血も治り 貯血が出来 3500ccもの大出血でしたが母子共に元気で

②9ケ月目の出産で2150gの体重で生まれたが栄養欠乏も無く未熟児でもない赤ん坊が生まれ産後母子共に健康に過ごしている。

③手術後傷の治りが早く 一部残した胎盤も悪露と共に出ていました。

以上のことから お医者さんは 今までこの様な経験は無いし 不思議だとおっしゃっていました。

このことから考えますと 私は全前置胎盤の手術と言う大変な危機で一度は人生の終わりを感じる経験をしましたが家族や大勢の医師 そして日ごろから必須栄養素を取り入れ食改善をする事が体を元の健康体に戻してくれるアロエベラジュースで支えられて今がある事を確信しました。

今 まさに苦しんでおられる方々に この貴重な経験を生かし 乗り越えて頂ける様 微力ではありますがお力添えさせて頂きますと結ばれました。(埼玉kさんの娘Tさんの実体験より)

あなたは如何お考えでしょうか。現実の世界です。まさに凄いと思いませんか。妊婦さんは勿論の事 これからお元気なお子様を授かりたい方は 是非共 栄養素がたっぷり含まれたアロエベラジュースをご愛用下さいませ。 

« お医者さんのお勧め | トップページ | リウマチ&夢 NO1 »

コメント

メール有難う御座いました。「人生現役通販」名前が良いですね。私共も終身現役組として活動しております。今後とも宜しく御願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129795/3377071

この記事へのトラックバック一覧です: 前置胎盤:

« お医者さんのお勧め | トップページ | リウマチ&夢 NO1 »