« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

愛と感謝

0681006815_006 **aloe & diet familyニュース**

成功する人は 千円札を拾わない。なぜなら 千円札を拾うと目線が下がり 他のものが見えなくなるから。

そして 彼らには 千円札よりもはるかに価値のあるものが見えているから。

成功しない人は 千円札に固執するばかりに 直ぐ横に落ちているもっと価値のあるものに 気がついていないのです。価値あるもの→価値ある情報→「ひらめき」を生みだし 新しいビジネス・自己の成長につながり その果実の大きさは千円札などとは比較になりません。

目前の千円札を捨て もっと大きな目で世の中を見渡し 自分の目線を億単位まで高められれば 千円札など視界から消えてなくなる。著書「千円札は拾うな」著者安田佳生より

まさに 私共が携わっているFLPの仕事は「千円札を拾わない」精神で下記の事を実践しています。

①.目先の利益より長期の利益(3つの健康)を。

②.一時の収入よりも長期の収入。

③.浅知恵よりも思慮ある判断。

④.人々の一生に関わり 役立ち 喜ばれる事をしている。

⑤他まだまだたくさんありますが

私達は 常に愛と感謝をもって人生の成功を目指しているのですネ。

写真の花はご近所のお庭から顔を出していました

2006年8月26日 (土)

食改善の大切さ

**aloe & diet familyニュース**

0681006815_003

 京都 南丹市 Yさんの話

12年前から高血圧(上140~150下80~90)症状で頭痛も続 3種類の薬を飲み続けていました。

ところが30年間薬では良くならなかった主人の糖尿病・パーキンソン病が食改善のためにと1年半前から飲み始めたアロエベラジュースとプロポリス・ポーレンで要介護4から要支援2に改善し現在は一人で散歩出来るまでになりました。

そこでYさんは薬よりも「食改善の大切さ」を目の当たりにし1年前からアロエベラジュース・プロポリス・ポーレンを取り入れられた結果 血圧が現在 上120 下75で安定する様になりました。

おまけにコレステロール値も減ってきて 現在は薬1種類になり 先日も「この調子で行けば 薬はいらなくなるでしょう」とお医者さんが 言って下さるのではと期待されていました「信ずる者は救われる」・・ですよネ

(写真)在住の地から夕刻に遠く富士山をみる。

2006年8月18日 (金)

お休み中

    06730_013        **aloe & diet familyニュース** 

いつもご覧頂き有難う御座います。

誠に申し訳御座いませんが8月18~21日まで

休ませて頂きます。有難う御座いました。

2006年8月17日 (木)

心の病について

**aloe & diet familyニュース**               

心の病が増えている

心の病にかかっている社員が 増えていると答えた上場企業は 62%に上っている。

(理由)

1.職場でのコミュニケーション不足が原因

2.個人で仕事をする機会が増えた事が原因

3.職場での助け合いが減った事が原因

4.成果主義や目標管理制度の導入が原因

(8/12日経新聞掲載~財団法人社会経済生産性本部調査から)

     この様な社会現象は 今後益々増えていくだろうと想像いたします。

職場や個人を 世間や家庭に置き換えても 当てはまるのではないでしょうか。

又成果主義や目標管理制度は 与えられたもので 自発性が無い面が多い.。

反面私共がやっているFLPの仕事は

1. 自分と合う人だけでもコミュニケーションで成り立つ仕事である。

2.相手があっての事で 個人(自分)だけでは出来ない仕事である。

3.助け合えば助け合うほどうまくいく仕事である。自他の利益が合致する。

4.自分でやれるだけやれば良い仕事である。~自発的

だから やればやるほど 心の病からも開放される 楽しい仕事です。

FLPの資料をご入用の方は ご連絡下さい。郵送させて頂きます。

2006年8月15日 (火)

最近の子供事情

最近の子供事情白書から

1.子供で毎日排便がない子が二人に一人いる

2.子供の毎回の食事は好きな物だけを食べている

3.子供の炭水化物・ミネラル・ビタミン・植物繊維の

  必要摂取量は半分しか取れていない。

4.子供は脂肪・蛋白質を必要摂取量の2倍も取っている。

5.子供の生活習慣病が20年間で2.7倍に増えている。

6.子供の高脂血症が10人に一人いる

7.子供の3割が生活習慣病及び予備軍である。                              035_ (上6/4以NHKスペッシャル番組より)

★長い間 常識として信じられていた事が

実は非常識であったり 又その逆もと言う事に

枚挙に暇がありません。

戦後60年間 欧米化した食生活で日本人

の身体は変化し その影響が 今 如実に

子供達に現れて来て将来が 空恐ろしく

思えるのは 私だけでしょうか。         

今こそ昔の和食を中心にして 現在不足がちで最も

大切なビタミン・ミネラル・アミノ酸を補助食品から補い

学校・家庭・社会と「食育の大切さ」を見直す時期

来ているのではないでしょうか。

2006年8月14日 (月)

医療費

*aloe & diet familyニュース**

027_特定疾患として 医療費補助対象のパーキンソン

                           

・潰瘍性大腸炎の軽症者を回補助対象外

になる様です。 しかし患者数は増加の傾向にあ

のが現状す。  (8/11毎日新聞より)

  ★今後 益々色々な病気の増加で 国の医療費増大に伴い個人

医療費負担の増加は 勿論ですが 上記同様に 医療費補助対象

病気やその軽症患者を補助対象外に増やす方向に改正されるの

ではと心配です。                                                                                             

                                                                                                                                               私達 健康産業に携わっている者として その様な皆さんに 健康は

当たり前という生活を取り戻して頂き そして夢と目標を持って歩ん

                               

頂くためにも 「食改善と3つの健康」のお話をする重要な使命が 

                                 

あるのではないでしょうか。

2006年8月13日 (日)

潜在意識

**aloe & diet familyニュース**

   何に付けても成功者と呼ばれている人のほとんどが

  意識するしないに拘らず 潜在意識の偉大な力を使っている。

  成功の第一歩は

  ① 夢・目標を掲げることである。次に

  ② その夢・目標の実現に向けて 意欲を持ち続ける事である。

そして その夢・願望が強い情熱となり 遂に信念となって 潜在意識に

インプットされ それが潜在意識を掘り起こし 成功を呼び込んでいるのです。

あきらめは 成功願望実現の最大の敵である。心の中で諦めてしまわない限り

失敗は最終的にないのです。~以上著書「マーフィーの成功法則」より。

人一倍努力をしているのに成功しないと言われる人達は ①②の実行と継続は

勿論ですが 潜在意識の力を十分に活用致しましょう。人生楽しくなりますよ。

4001

(ソフィアマインドから転用しました。)

2006年8月12日 (土)

運について

435 **aloe & diet familyニュース**   

  運について

①.見た目で損をするタイプの人

 →運を貯金している人であり

                        将来性がある。

                 

②.気分のいい人。優しい人。

 →応援してあげたくなり,運を掴み易い人。

                                 

③.運が着く前に神様は 必ず悪戯をする。

                                 

④.運は正面からは来ないで 後ろからやっ

    て来る。

上記は萩本欽一氏(芸能人)TVの対談から)

    以上 すばしっこく、抜け目が無く、ずる賢いタイプは                                                            

   人間改造しない限り 一時的に成功しても 長い

   

    スパーンで見ると 結局は 将来性は薄く 大成しない

   

   運を掴むという事だろうか。

  又一方 気分のいい人や 優しい人で もう一つ

  付け加えるとすれば 楽しい人には 人が集まって

   くるし なんとなく助けて上げたくなる様です。

   そして 求めさえすればいろんな情報が集まって くる。

  結局は運の掴み易い人なのでしょう。 

   あなたは如何お考えでしょうか。分かる気がしませんか。

    (上記写真はソフィアマインドから転載させて頂きました) 

              

2006年8月11日 (金)

ワーキングプア

419sunset_1 **aloe & diet familyニュース**   

ワーキングプア(働く貧困層)と情勢

1..働いても働いても報われない人達 

2.生活保護水準以下の人達 

400万世帯に増え 今後も増え続けると予想される。

現代の社会情勢

    1.3人に1人が正社員でない~現在1600万人に達する

(理由)人件費を削りたい。経費を抑えたい。

(崇高な企業理念・道徳を持っている良い会社ばかりではない)

2.介護保険料~今までの2倍になる。(介護制度の破綻目前)

3.医療費値上げ決定(医療制度の限界)

4.消費税値上げ予定(各種税金についても)

5.年金の減額(年金制度の崩壊と若年層の将来不安)

6.地方と都市の格差

(例)昨年

秋田県
6000軒の農家が廃業した。

    秋田県民一人当たり所得234万円(東京都民所得の1/)       

(注)NHK報道番組より抜粋

以上を考える時「貧乏人は 早く死ね」と言われているのと一緒で 国・地方自治体・団体・会社(良い会社は例外)には年々頼れない事態になりつつある様に思います。

生きるためには ましてや 夢・目標を持って生きて行こうと考えておられるのであれば 個々に 今直ぐに その対策を採るべきだと存じます。

その 選択枠の一つとして 今私共が携わっております魅力あるFLPの仕事をお話し お伝えしていきたいと思っております。

3つの健康は 自分(家族)で守り 育てるという信条で。関連資料を請求下されば 御送り致します。

(注釈) 3つの健康とは=身体の健康+の健康+経済(家計)の健康

2006年8月10日 (木)

必須栄養素

        052       **aloe & diet familyニュース**                                         

アレルギー異常反応)とは 免疫が異常反応をする事で 身体の一番弱い所に 一番使う 所に出やすいと言われています。

最近 脳にアレルギー症状が出ている子供が増えていることから 最近の子供の様々な異常な状態や行動は アレルギーがその原因の一つではないかと言われている。NHK教育番組より抜粋)

アレルギー体質の人は 十分な必須栄養素(自然治愈力や抵抗力等 恒常性維持機能を著しく向上させるもの) が含まれている食べ物を入れ食改善を図る事が必要です。

その食べ物で 最高の植物が 野菜ジュースの「アロエベラジュース」です。その「アロエベラジュースを 身体に長期に取り入れる事により 確実に食改善につながり 体質改善の一助となっています。アロエベラジュースは78~100種類以上の栄養素が 含まれると言われています)

2006年8月 9日 (水)

無知は罪

274**aloe & diet familyニュース**

私共が携わっているFLPの仕事は 誰がやっても継続してやっている限り 決して失敗に終わるものではありません。

しかし無知で偏見を持っている人からは「やめたほうがよいよ」とよく言われるものです。私達もよく言われたものです。

周囲の反対をものともせずに成功すると人は口をつぐみ 成功しようと努めている人に対しては おおいに囃し立てて 成功へのチャレンジを阻害するのです。

いずれにしても 行動に対して否定的な人達は 私達にどんな困り事が起きようと助けてくれる人達ではないのです。否定的な人達に 自らの人生を左右されてはなりません。

その様な人達に 左右されなかった人達だけが 今の成功を 勝ち取り より進化し続けておられるのだと思います。如何お考えでしょうか。

2006年8月 8日 (火)

本物のシステム

 aloe & diet family ニュース

        195j_1         A. 基本的な心構え                                             

感謝~良い商品をお伝え頂き、又私(家族)の事を心より心配頂き   

思いやり~辛そうだから。元気になって欲しい。幸せになって欲しい。  

ベストを尽くす~心からお伝えする。周りの人に理解してもらう。

155_2

B. 3世代7項目について                                     

1.商品を愛用しその良さを話す。                                

2.商品について詳しい説明をする。                              

3.会社の基本理念を話す。                                   

4.希望する商品を小売する。

5.登録するための説明資料を詳しく説明する。                           

6.申請書は郵送し登録書は認定会に持参し登録する。                                

7.注文の仕方を教える。

 165abc_1                                                   

C. A・B・C法則について                                    

1~Aある程度の経験がありアドバイス出来る人                      

2~B.ミーテイングの主催者であり橋渡しをしてくれる人                   

3~C.伝えられる人                                          

4~A・B・Cのミーティングを重ねることでB→A.C→Bになられる。

2006年8月 7日 (月)

本物の会社~FLPジャパン

**aloe & diet familyニュース**

605_1(理  念) 

品質の優れた商品を提供し

更にこれを伝えることに多くの人々

が参加し 人々の健康と繁栄に                          

貢献することです。

    

(モットー)  

あなたの成功が私たちの仕事です。

     あなたの幸せが私たちの目標です。

      

      (スリーハート)                                         

FLP社の企業理念を具現化するためのキーワードが3つのHで始まる言葉です。      

Health(ヘルス=健康) Heart(ハート=心) Happiness(ハピネス=豊かさ)

この3ハートを通じて新しいライフスタイルを提案し続けているのです。

2006年8月 6日 (日)

本物の商品~ビープロポリス・ポーレン

Aloediet_family372 **aloe & diet familyニュース**

ビープロポリスについて

近年健康食品として大変注目されています。栄養素の多さが特徴です。(100種類以上の異なる栄養成分が確認さています。)日本でのNO1のシエア-はFLP社です。

ヨーロッパでは免疫力・治癒力を高めたり有害なウイルスの増殖を抑える効力が評価され医薬品に指定されている国もありますが日本では健康に役立つ自然食品として使われています。

ビーポーレンについて

花粉(ポーレン)は植物の生殖細胞です。次の世代を担うための栄養がバランス良く凝縮されていますのでミツバチ達は主食として花粉を利用しています。又花粉は健康食品として最近脚光を浴びている素材の一つです。日本でのNO1のシエアーはFLP社です。

2006年8月 5日 (土)

本物の商品~アロエベラジュース

**aloe & diet familyニュース**

 

アロエベラジュースについて

アロエベラは ユリ科の多肉植物です。アロエの中でもFLPが製品に使用するのは「真実のアロエ」と言う意味を持つアロエベラだけです。

飲んでみて「良かった」と言う声が 日本中に伝わり、今では 国内シェアNO1にまでFLPのアロエベラジュースは拡大しています。世界には115ケ国に輸出されています。

多種多様な 自然の成分を含むアロエベラには 78~100種類以上の栄養素が含まれており

世界に類を見ない 高級野菜ジュースなのです。

「真実のアロエ」は 健康な明日を目指す人から人へと伝わる力を 昔から生まれながらに持っている不思議な植物です。

064_

070_     参考資料 著書「アロエベラ徹底健康術」

    著者 薬学博士 久郷明彦氏他多数あり。

2006年8月 4日 (金)

経済(家計)の健康no2

  405      **aloe & diet familyニュース**

私達 自分自身のために飲み始め 伝え始めた健康補助食品大切な方から 大切な方に 次から次へと 伝わり 広がって行きました。

それは ①商品が 本物であり ②会社の企業理念・道徳が立派で安心出来、③FLPのシステムが 優れているからだ と悟りました

 要約すれば この3点が あるからです。

一方「自分のためにしている事が人のためになり、人のためにしている事が 自分のためになる」 まさに シナジー社会」 と言うべき仕事なのです。

   

FLPの多くの仲間 (私もそうですが)は 年金を 全く当てにしなくて良いい生活 すなわち アロエ年金ともいうべき 経済(家計)の健康をも頂いております。はしたない言葉で 大変恐縮ですが 「年金くそ食らえ」と 強く言いたいものです。

  そして やろうと思えば 誰でも, どこでも ,いつからでも ,老若男女関係無く 再チャレンジ出来る仕事です。私は 66歳で  妻は62歳で現役ですし 最近は 比較的高年齢(最高94歳)の方が多く [終身現役で出来る仕事]です。

人生には Uターンは 決してありません。二度と無い人生を  悔いの無い様 皆様と共に  送りたいものです。以上  3つの健康(身体・心・経済)について 私の考えの一端を述べさせて頂きました。

コメント御座いましたら お聞かせ下さいませ。

2006年8月 3日 (木)

経済(家計)の健康

400_1 

  **aloe & diet familyニュース**

定年後の団塊世代(1947~49生まれ)の74.3%の人が お金のために

働かざるをえないと決意している。

その理由として

.十分な公的年金がもらえない(66%)

②.預貯金などの資産がない

③.退職金・企業年金がない(少ない)

④生活レベルを落とす事が出来ない

⑤.ローンが残っている

⑥子供の面倒をみる必要がある。

 等のデーターが先日の新聞に載っていました。

しかし団塊世代に限らず働く場所が、あったとしても必要な収入額に満たない働く貧困層(ワーキングプア)が多くなって来ているのです。

私共は 今生き甲斐が持てて 生涯現役で出来る 素晴らし仕事に携わっていますが その様な人達に 積極的に関わり,知って頂き,参加して頂く事が経済(家計)の健康を頂いている私共として 当然の義務だし使命だと考えております。続く

心の健康no2

067_4 **aloe & diet familyニュース**

その後も 私共は勿論の事 息子・娘夫婦・孫まで 以前より増して丈夫になり 知り合いの方々から健康になった理由を聞かれ 在るがままに皆様にお話し 食改善の一手段として3点セットを愛用される内に お元気になっていかれる方々が 多数出現して参りました。

(上図3点セット=アロエベラジュース+ビープロポリス+ビーポーレン)

「あなたに足を向けて寝られない」とか 「感謝してます」とか「あなたのお陰で」とか言われ 私共は日ごとに心の健康を たくさん頂く様になって参りました。私共こそ 勇気を頂き 感謝です。

又 長短期の夢・目標(年1回の海外旅行・マンション・自動車・自他の収入・寄付等)を掲げ それらを達成する事でその都度 心の健康も併せて頂いております。本当に有難いことです。

2006年8月 2日 (水)

心の健康

06116_059 **aloe & diet familyニュース**

7月25日ご案内の「健全なる精神は・・・」に掲載させて頂きました様に アロエベラジュース.プロポリス.ポーレンを取り入れ 食改善に努めた事で 夫婦共以前に増して 身体の健康を頂きました。

妻は 元の明るさを,生きる自信を,そして 強さ(ある面の弱さも)等を 得した様な気が致します。  私も 狭心症の胸の痛みも苦しみも それから全く出なくなり お陰さまで 現在に至っております。

やはり身体が健康になると 知らず知らず物の見方・考え方が 自然と積極的・楽観的になり崩壊寸前だった私共夫婦が 同じ夢・目標に向かって歩める様になりました。

当時心身不安定で高校生だった娘・息子達にも その事が大変良い影響を与え 家庭環境が180度好転した事で 私共同様心の健康を取戻しました様な気が致します。 如何に身体の健康が 脳に そして心に与える影響が  多大であるかを身を持って体験した次第です。

(上記写真は今年の1月に訪れたハワイのシエラトンホテルから撮った1コマです。)

2006年8月 1日 (火)

身体の健康no3

001__1

長い間の食習慣(食べ物の良し悪し) 左図の様な血液になり 変形した血液が 血管を詰まらせたり 細胞に悪影響を与えることが 様々な病気を発生させる大きな原因の一つではないでしょうか。

現在の生活では 脂肪・炭水化物・蛋白質の3大栄養素は 日常過剰摂取で 肝心なビタミン・ミネラル・アミノ酸の摂取量が 逆に不十分だと言われております。ですからこの状態を続けると 悪い血液になるのも当然だと思いませんか。

逆に3代栄養素に ビタミン・ミネラル・アミノ酸等 必須栄養素を微量にバランスよく取り続ければ 素晴らしい血液になり その素晴らしい血液が 素晴らしい細胞を創り  素晴らしい身体を創るのだそうです。     この 各種必須栄養素を微量に含んでいるのが 今話題の「アロエベラジュース」です。  参考資料として一部ご紹介しますと

 著書 「アロエベラ徹底健康術」~見てわかる図解版・著者薬学博士 久郷晴彦氏      「アロエベラ」~やせる!若返る!老化を防ぐ補助食品・著者福山大学教授八木晟氏「アロエジュース健康法」~便秘からガンまで・著者 アロエ研究 平田千春氏他多数の著書あり

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »